バナナマン設楽、乃木坂46・秋元真夏への愛溢れる言葉が胸熱!?『成立させたんだよ、筒井が…』

更新日:

毎週日曜深夜0:00から放送されている「乃木坂工事中」(テレビ愛知/テレビ東京系)。6月14日の放送では、リモート出演したメンバーたちとMCのバナナマンのやりとりが面白すぎると話題になっています。

(画像:時事)

■ヒドすぎる⁉︎梅澤美波さんをイジるバナナマンに「最高」の声

6月14日の放送もリモートで、MCのバナナマンとメンバー7人が出演。メンバーが選ぶ"神回"として過去の放送が紹介されました。

3期生の梅澤美波さんは、2017年に自身がデビューしてまもなく自己紹介をした回の「3期生PR大作戦」をピックアップ。

「初登場の回からインパクトのあるあだ名を頂きまして」とバナナマンの日村勇紀さんと設楽統さんから命名されたときのことを回想しました。

梅澤さんの苗字、高身長であること、またマヨネーズが好きなことに由来して、当時バナナマンが梅澤さんにつけたあだ名は"ひょろ長亭梅マヨ"。

乃木坂に加入する前から梅澤さんは、色々なあだ名をつけられていたといい「イカソーメン」「ごぼう」「ホラーマン」「進撃のうめざわ」「糸」と、細長いばかりで可愛さを微塵も感じさせないものばかり。

"ひょろ長亭梅マヨ"も負けず劣らず、アイドルには似つかわしくないあだ名ですが、梅澤さんは「ファンの方の中で根強い"ひょろ長亭"好きがいらっしゃって」と明かし「(デビューしたてで)キャラがあまりなかったので、すごいありがたかった」とバナナマンに感謝しました。

梅澤さんのコメントを受けて、ネット上では「呼ばれた気がしたわ」「全てが始まった回を"神回"として選んだの良かったよ」と盛り上がる声が。

「バナナマンが"梅マヨ"とか"ひょろ長亭"って呼ぶの嬉しい」「ネーミングセンス最高」「振り返ってみても『ひょろ長亭梅マヨ』は秀逸」とバナナマンと梅澤さんの"絆"に安心するファンも多く見られました。

■初めまして⁉︎"ボケ"の鈴木絢音さんと"ツッコミ"のバナナマンにファン爆笑

番組には、リモートとしては初めて、2期生の鈴木絢音さんが登場。トークをふられた鈴木さんは、乃木坂加入8年目にして「は、初めまして」と挨拶。バナナマン、他のメンバーたちを爆笑させました。

「さみしいこと言うんじゃないよ」「忘れちゃったのかよ」とバナナマンにツッコまれた鈴木さんは「ごめんなさい」と恥ずかしそうに謝罪。自分にトークをふられたことで「びっくりしちゃいました」とつぶやきました。

おうち時間が増えている中、ピアノを弾いたり作曲をしたりしているという鈴木さん。

メンバーたちは、鈴木さんの趣味を知らなかったようで「聴きたい」「気になる」と口々におねだり。バナナマンも「作曲すんの?」「さわりだけでもちょっとでも聴きたい」と加勢しますが、鈴木さんは淡々とした口調で「本当に大丈夫です」と"マジでお断り"。

クールビューティーを貫く鈴木さんに出演者からは笑いが起き、ネットでも「もったいない」「そこで弾かないと」「絢音ちゃん、チャンスだったのに!」と惜しむ声が続出しました。

バナナマンの設楽さんは「鈴木ってやっぱちょっと変わってるよなぁ」「普通の女の子とちょっと違うよ」と賞賛。

鈴木さんは「いやいやいやいや」と大きなリアクションで謙遜しますが、「こんなに褒めていただけると思わなかったからビックリしています」と嬉しそうにはにかみました。

「鈴木、ベタ褒めだよ」とトドメをさした設楽さんに「やだ〜」と恥ずかしそうに顔を隠してしまう鈴木さんでしたが、その可愛らしさにファンは悶絶、Twitterでは「絢音ちゃん」というワードがトレンド入りしました。

また、ネットでは「褒められてテレる絢音ちゃん可愛い」「絢音ちゃんしか見えない」「今週の個人的MVPは文句なしで絢音ちゃんでしたね」と絶賛の声もあり、大きな反響を呼びました。

■設楽、秋元真夏への愛溢れる言葉が胸熱!?『成立させたんだよ、筒井が…』

乃木坂におととし加入したばかりの4期生・筒井あやめさんは"神回"としてドリアンを食べた回をあげ、自身のターニングポイントになったと明かしました。

初めての"体を張る系"だったドリアンチャレンジによって「乃木坂46の一員になれました」と嬉しそうに語る筒井さん。

ファンからは「そう思えたならすごい良いことだな」「ほっこりした」などあたたかい声がネット上にあがりました。

ところが"可愛い新人"の頑張りに、1期生の秋元真夏さんが水を差します。秋元さんも、実は筒井さんと同じドリアンチャレンジにしっかり挑戦していたこと、実際の放送で自分の食べるシーンが全カットされていたことを暴露し「私(ドリアン)大っ嫌いなのに」「あやめちゃん、こういうこともあるんだよ」とバラエティの厳しさをレクチャーしました。

設楽さんは、実際に放送された筒井さんのリアクションは「ちょうどよかった」と評し、秋元さんの挑戦は、"新人"のリアクションがいまいちだった場合の「保険」だったと番組制作側の意図を代弁。

悲しむ秋元さんでしたが、設楽さんは「いいんだよ。後輩の背中を押してあげたっていう…成立させたんだよ、筒井が…」とフォローしました。

愛溢れるバナナマンのコメントに、ファンの間では「バナナマンさんのガチのバラエティ指導が無料で聞いていいのかと思うくらいカッコ良かった」「バナナマンさんの記憶力とメンバーへの観察眼、凄すぎて何回見ても驚いてしまう」などと感動が広がりました。

■バナナマンと乃木坂のやりとりに大注目!

優しい大先輩のバナナマンがいるからこそ、乃木坂46は、のびのびとバラエティで活躍ができているのかもしれませんね。

来週は、バナナマン日村さんの誕生日企画が放送される予定です。毎年恒例の、メンバーが"不要な迷惑私物"を誕生日プレゼントとして日村さんにあげるコーナーが行われるようです。はたしてどんな面白トークが繰り広げられるのか、今から放送が楽しみな方も多いのではないでしょうか。

(文:緑野ヒカリ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.