元ラグビー日本代表の名演に"超リアル"の声!「ノーサイド・ゲーム」 #廣瀬俊朗 出演が話題

更新日:

大泉洋さんが主演を務めるドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)の放送が7月7日から始まりました。このドラマの原作は「半沢直樹シリーズ」「下町ロケット」などで知られる作家・池井戸潤さんの同名小説。ドラマでは元日本代表などラグビー経験者が多数出演、彼らの演技が話題になりました。

日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」がスタート

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は、出世街道を邁進するエリート社員。しかし、君嶋は強引な企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に反対して対立しています。

最終的に君嶋の意見が聞き入れられる形で買収の話は見送られますが、滝川は自分に逆らった報復として君嶋を本社から府中工場の総務部長に左遷を命じます。総務部長と兼任してトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーも担当することになった君嶋。

成績低迷に加えて年間14億という赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる「アストロズ」の再建は君嶋の手腕に託されることになります。

上川隆也が悪役で新境地

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」は、上司に逆らった末に左遷され、会社内でお荷物と囁かれるラグビーチーム再建を託された男の物語。

エリートから転落した君嶋隼人を演じるのは大泉洋さんで、経営戦略のスペシャリストとして弱小チームの立て直しと、自身の人生の再起を目指すことになります。

そんな君嶋の宿敵と言えるのが上川隆也さん演じる上司の滝川桂一郎。企業買収を成功させることで会社内での自身の立場を強め、社長の椅子を狙う野心家の滝川。

池井戸作品というと「半沢直樹」の大和田常務(香川照之)など強烈な悪役が登場してきました。大和田が感情をストレートに出す悪役だったのに対して、滝川は非常にクールな悪役で、何を考えているのかわからない怖さがあります。このキャラクターを演じる上川さんは良い人役のイメージもありますが、今回は冷徹な悪役を演じ俳優として新境地を見せています。

ラグビー経験者による迫真の演技に反響

ドラマで登場するラグビーチーム「アストロズ」のキャスティングでは、高橋光臣さん、天野義久さんらラグビー経験者で固められプレーの場面などにリアティを与えています。

特に、印象的な役割を果たしたのがチームのエースでポジションはSOの浜畑譲を演じる廣瀬俊朗さんの演技。

廣瀬さんというと、高校、大学、東芝、日本代表のキャプテンを経験した名選手で、2015年のW杯でヘッドコーチを務めたエディー・ジョーンズさんも「ナンバーワンのキャプテン」とそのキャプテンシーを絶賛しています。

ドラマでは、本社からやってきた君嶋に対して、赤字のチームを潰すのが目的ではと、いぶかり対立することになります。しかし、雨の中、GMとして練習に参加することになった君嶋が「どこに行けばいいんだよ教えてくれ!ラグビーなんてわかりゃしないんだよ、俺はどこに行けばいんだよ」と涙ながらに本音を語ると次第に心を寄せるようになります。

とりわけ、逆境に立ち向かうように君嶋が何度もタックルを試みるシーンで「ラグビーはチームのため、仲間のため、自分が死ぬ気でぶつかるんや、それがラグビーや!」と叱咤激励する廣瀬さんの演技は真に迫った素晴らしいものがありました。

廣瀬俊朗の演技に絶賛の声

ネットでは、放送を見た人から、「大泉洋見たさでノーサイドゲーム観たけど、本物の元日本代表廣瀬俊朗の演技が堂々としててとても良かった」「廣瀬俊朗さん、超リアル。感動しました」「廣瀬俊朗さんの演技力、、かっちょいい」などの声があがっていました。

ラグビー経験者をずらっと並べるキャスティングは、試合や練習シーンにリアティを与えて非常によかったのではないでしょうか。また、廣瀬さんの演技はこれまでキャプテンとして背負ってきたラグビー人生の重みを感じさせる名演と感じる人も多かったのでは。ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみて下さいね。
https://tver.jp/corner/f0036908
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.