嵐・二宮和也『人生で一回も洗濯ってしたことない』持論展開と配慮にファン「流石」

更新日:

嵐の二宮和也さんがパーソナリティをつとめるラジオ番組「BAY STORM」(毎週日曜22時 bayfm)。今回の放送では、洗濯に対する二宮さんの持論や、大型音楽番組に出演する際の待ち時間のことが語られ、多くのリスナーの興味を引きました。

二宮和也「人生で一回も洗濯ってしたことない」持論展開

冒頭では、リスナーからのハガキで、『親から洗濯物を干すように頼まれた時に、面倒くさく思っているうちについ忘れて、干すのが遅くなってしまい、洗濯物がシワになってしまう』という懺悔のお便りが紹介されました。

これを聞いた二宮さんは「われわれ人間がやる部分なんてさ、(洗濯物を)干すことしかないわけじゃん?それを面倒くさがってるっていうのは、どういう理由なの?」と、腑に落ちない様子。

さらに、「洗濯物入れて、せんざ…ナノックス入れて、ボタン押します。この時点でわれわれ人間がやっている行為は、ナノックス入れてボタン押してるだけなんだよ?」と話す二宮さん。

洋服を洗うという行為は洗濯機がやってくれるので、「二宮人生で、一回も洗濯ってしたことない」と二宮さんらしい持論を展開し、「洗濯機にいつも(洗う部分を)してもらってたから。HITACHIのビックドラム」と付け加えました。

自身がCM出演する「ナノックス」と嵐がCM出演する「HITACHI」の「ビックドラム」をしっかり入れる配慮に、ネットでは「洗剤…ナノックス入れて!って言いなおしたところ可愛過ぎか!w」「ナノックスとHITACHIをちゃんと言うあたり流石です!」などの声が上がりました。

二層式洗濯機の"脱水あるある"に「あれもエンターテイメント」」

さらに二宮さんは、子ども時代、実家で二層式洗濯機を使っていた頃の"脱水あるある話"も披露。

脱水機の方に移したあと、脱水中の洗濯物が一ヶ所に固まってしまい、激しい遠心力が働いたことにより、洗濯機自体が「とてつもない場所に移動して」いて、「ものすごく怖かったよね」と、当時の経験談を語りました。

「あれ…あそこまで(遠心力で移動してしまうところまで)お楽しみ下さいっていう設定だったのかな…(笑)エンターテイメントだったのかな?」とつぶやく二宮さんの発言に、笑わされたリスナーも多数いたようです。

ネットでは、「二層式洗濯機の話、"エンターテイメント"のあたりで夜中に声出して笑ったw」「ニノが二層式洗濯機の脱水あるあるを知ってて良かったw」などの声が上がっていました。

音楽番組の待ち時間「楽屋は無理」「腰がなくなる」と暴露

続いて、先日放送された『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)に出演した二宮さんに対し、リスナーから『待ち時間はどのように過ごしていましたか?』の質問が届きます。

二宮さんは「車にいたね」と即答。

「楽屋(でずっと待つの)は無理だね。ちょこちょこ出てるにせよ…3分出たり、ジャニーズメドレーで出たり」と、自身の出演時間が細切れになることについて、「(待ち時間を)ずっと(楽屋の)パイプ椅子に座ってるなんて、そんなの腰(が痛くて)なくなるよ」と独特の表現で話しました。

二宮さんは『THE MUSIC DAY』に限らず、長時間の歌番組などは、ほとんど車で待機するそうです。車内では放送を見たり、パズドラをやったりして過ごすのだとか。

さらに、「(嵐のように)このあと2時間空きます、みたいな人、いないから」と話し、「ありがたいけどね、そうやってチョロチョロ出してもらえるの。嵐ぐらいしかいないもんね」と語りました。

体感5分?盛りだくさんの放送に反響

これに対しネットでは、「楽屋ってパイプ椅子しかないの?それは確かに辛そう…」「大型音楽番組でのジャニーズあるあるなのかな?」などの声が上がり、普段は見られない裏側の様子を、興味深く聞いていたようです。

さらに番組終了後には、ネット上で「今日もあっという間に終わってしまった…」「秒で終わるベイスト。ほんとに30分かな?」「ベイストっていつも、体感時間5分」などの声が多数上がりました。

今回の放送も、二宮さんのプライベートな一面や、思わず共感してしまう庶民的な"あるある話"などが盛りだくさんで、ファンにとってはあっという間の30分だったようです。

(文:アイドル担当ライター くる美)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.