NGT48・山口真帆「SNSの使い方がプロすぎる」と話題 記者会見中に"破壊力のある"反論

更新日:

3月22日、NGT48・山口真帆さんへの暴行事件を受けて運営会社のAKSが記者会見を実施。この記者会見中に山口さんはツイッターを更新。事件について松村匠取締役から「1月10日の謝罪を要求されました。」とツイート、記者会見の内容を真っ向から否定する形になりましたが、山口さんのSNSの使い方が話題になっています。

画像は山口真帆さんTwitterアカウントより

AKS側の記者会見中に山口真帆が告発ツイート

2018年末にNGT48の山口真帆さんが、男2人から暴行を受ける事件が起こりました。この事件について、NGT48を運営するAKSは、3月22日に関する第三者委員会による調査結果を記者会見を通じて発表しました。この調査報告では、暴行事件の事実は認めたものの、山口さんが告発した事件にNGT48のメンバーが関与したかどうかについて「関与した事実はなかった」と否定。さらに、今回問題視されていた、NGT48の一部メンバーとファンの間に「私的領域におけるつながり」があった事を認める形になりましたが、事件との直接的なつながりは否定しました。AKSの記者会見が行われる中、事件の当事者である山口さんは1月8日から更新がストップしていたツイッターを更新。山口さんは最初に「只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました」とツイート。事件に関わったメンバーにしかるべき処罰をしてくれると松村取締役は約束したものの、結局、その約束は無視された事を訴えます。続けて、「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」とツイート。事件発覚後、被害者の山口さんが謝罪する異様な事態が起こりましたが、あの謝罪は松村取締役に要求されたものであると告発。さらに、「事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていました。」と事件を山口さんの思い込みのように説明する運営側への不信感をにじませます。

「犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と主張?

今回の件について、運営側は記者会見中に山口さんのツイートの内容を記者から報告を受けます。すると松村取締役は「(山口さんのツイート)事実ではないこともある。(謝罪の)要求はしておりません」とコメント。山口さんの訴えと運営側の認識が食い違う事になります。この件について、山口さんは、「犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」とツイート。個人名はあげませんでしたが、犯人グループと関係のあった事を認めているメンバーがいた事を伝えます。さらに、あの謝罪コメントの下書き文章を添付して、「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい。松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました。」と謝罪を要求したという事実を認めない松村取締役を批判します。

「SNSの使い方がプロすぎる」「有効な使い方」山口真帆のリアルタイムツイートが話題

ネットでは、「山口さん、まじでSNSの使い方がプロすぎる」「会見中にリアルタイムでtwitter投下。これ以上に破壊力のあるSNSの使い方が、他にあるだろうか・・。」などの声があがりました。「記者会見中の更なる真実ツイートに焦る運営。SNSの力をまじまじと見せつけられた感。これこれ。これだよ。SNSの正しい使い方」という意見もあります。今回、前述のように運営側の事件をうやむやにし、解決した事にしようとする山口さん側の不信感があり、会見中のツイートの投稿になったようですが、アイドルと運営側を比べると力を持つのは運営側。そこで、SNSを使って世論に向けて真実を訴えるやり方は、頭の良いやり方だと感じた人が多かったようです。しばらく更新を停止していて、会見中に投稿というのも"プロい"と関心する人が多く、重要な事を伝えるという意味で有効的だったようです。運営側としてはこの会見を持って事件を終わりにしたかったのでしょうが、山口さんがSNSで運営側の嘘を告発したことで「これで終わり」とはいかなさそうです。これから、あの事件で何が起こっていたのか、犯人を含む関係者へのしかるべき処罰、運営側のまずい対応について、本当の意味で、被害者である山口さんが納得いく形で事件が解決される事を願いたいですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.