ムロツヨシが逆さ吊りで歌う『初恋』に「インパクトハンパなかった」の声 #Iターン 話題

更新日:

ムロツヨシさんと古田新太さんがW主演を務めるドラマ「Iターン」(テレビ東京系)の放送が7月12日から始まりました。初回では、ムロさんがビルから宙吊りになって、村下孝蔵さんの名曲「初恋」を歌うシーンが話題になりました。

狛江が左遷したのはヤクザが牛耳る街「Iターン」第1話のあらすじ

中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロツヨシ)は、本社から地方の支社へ左遷を命じられます。

妻と娘がいることもあって会社を辞められない狛江は、単身赴任を受け入れ地方に赴きますが、そこはヤクザが牛耳る日本最果ての街・阿修羅市。

社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」との会社からの指令を実行。馴れ合いになった業者の見直しや、営業で新規の顧客を獲得するなど、貧弱支店の立て直しをはかります。

ところが、新規の広告で電話番号を間違えるありえないミスが起こります。しかも、その広告の顧客は竜崎組 組長でサラ金「ドラゴンファイナンス」の社長でもある竜崎剣司(田中圭)。狛江はミスの責任を取ることを求められますが…。

対照的な組長を演じる田中圭、古田新太

福澤徹三さんの同名小説を原作にした「Iターン」は、ヤクザが牛耳る街に左遷された中年広告マン・狛江光雄(ムロツヨシ)の奮闘を描く作品。

本作の見所の一つが、ムロツヨシさん演じる主人公が単身赴任した阿修羅市の勢力を二分する2人の組長ではないでしょうか。インテリでドライな竜崎組の組長・竜崎剣司に対して、義理と人情を重んじる昔気質な性格という岩切組の組長・岩切猛。竜崎を田中圭さんが、岩切を古田新太さん演じていますが、この対照的な2人の覇権争いは注目です。

狛江を演じるムロツヨシ、2階から逆さ吊りにされて「初恋」歌う

ドラマ初回では、広告の電話番号の間違いがきっかけで、竜崎だけでなく、岩切からも追い詰められることになった狛江。責任を取らされる形になった狛江は岩切組の事務所に連行され、建物2階から真っ逆さまに宙吊りにされることになりました。

絶体絶命のピンチに陥った狛江に、岩切は「1曲歌え」という命令。そして宙吊りになりながら歌ったのが村下孝蔵さんの名曲「初恋」でした。

絶体絶命のシリアスな場面とは正反対の「好きだよと言えずに 初恋はふりこ細工の心」という切ない歌詞のギャップも相まって、狛江は思わぬ形で岩切と密接なつながりを持つことになってしまうのがドラマ初回のハイライトになります。

ムロツヨシが歌う『初恋』に視聴者「インパクトハンパなかった」

ムロさんが歌う「初恋」にネットでは「あの…『初恋』が耳から離れない…笑 ムロさんさすがに面白い。田中圭のヤクザ姿は似合う。キャストが豪華」「逆さ吊り初恋のインパクトハンパなかった。ムロさん最高」「深夜ドラマで、村下孝蔵『初恋』が聴けるとは。ムロさんの歌い方が真に迫っていてよかった。あの場面で歌う曲ではないw」などの声が上がっています。

まさかの場面で美しいバラード「初恋」を歌うシーンはインパクトも大きかったのではないでしょうか。また、田中さんのヤクザ姿も素敵でした。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/episode/60367753

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.