「こんな強いグループないやんか」鶴瓶が絶賛した森三中の絆とは?「A-studio」が話題♡

更新日:

16日に放送のTBS系バラエティ番組「A-Studio」に、森三中がゲスト出演。トリオ結成20周年を迎え、結成時のことや番組MCの笑福亭鶴瓶さんとの出会いを回想。仕事やプライベートにおける3人の歴史を振り返り、メンバーの素顔をに迫った放送は大いに盛り上がりました。

画像は番組公式Twitterより

結成20周年を迎えた“最強のグループ”森三中

鶴瓶さんから「今日の連中は強烈!」という呼び込みを受けて登場した森三中は、1998年に東京NSCの4期生同士で結成。それから20年を迎え、これまでの歴史を振り返りました。収録に際して、鶴瓶さんがメンバー・黒沢かずこさんの母親に取材したことを告げると、「お母さん!」と叫んで興奮気味のようす。そんなお母さんを鶴瓶さんは「めっちゃおもろい」と絶賛。黒沢さんの実家で営んでいる食堂の一押しメニューは“ポタージュラーメン”。なんと、ポタージュスープにラーメンと餃子がトッピングされた何とも奇妙なラーメン。実際飲食したことがあるメンバー2人は「マズくもなく、美味しくもない」と感想を述べました。さらにその取材現場にお笑い芸人の東野幸治さんが合流したことが告げられ、一同は驚愕のようすでした。

結成秘話と思わぬ本音


黒沢さんは、授業料を一括納入した2日後に養成所を3分ほど遅刻をしたそうです。するとクビを宣告されていたという衝撃の事実も明らかになりました。そのピンチを救ったのが、メンバーの村上知子さんであり、再び養成所に戻ることができた暁にコンビを結成したそうです。そして、このコンビに猛アプローチをして来たメンバーの大島美幸さんが加入し、「森三中」を結成。当時は珍しい“女性トリオ"の難しさに最初は迷いもあったそうです。さらに村上さんは、お笑いトリオのダチョウ倶楽部、お笑い芸人の出川哲朗さんら体当たり芸人たちを憧れと語る大島さんのイメージに引っ張られ、「私たちまでそうだと思われる」と嘆く一幕も。「先輩たちは尊敬しているけれど、体を張る企画はホントはイヤ」とつい本音が出ました。

メンバー様々なプライベート模様


プライベートでは、結婚10周年を迎えた村上さん。出会って3週間で結婚の運びとなり、当時大きな話題となりました。村上さんは当時婚活に専念していたようで、よく当たる占い師を求めては海外まで足を運んだそうです。村上さんは旦那さんの「相槌」に惹かれ結婚に至ったそうです。また、交際0日で結婚した放送作家の鈴木おさむさんの妻である大島さんに、結婚の決め手を質問してみると、決め手の権限もなく、村上さんの猛プッシュであったと言います。また、一時期は暗黒時代を迎えた黒沢さん。散々悩んだ日々を送っていましたが、ある日突然、白米の美味しさに気付き闇から脱出したそうです。若手時代はプライドが高く、イジられることへの抵抗があった黒沢さんですが、先輩を見習い自省した過去を振り返っていました。

「こんな強いグループないやんか」と話す鶴瓶さんは、連帯感が強いグループと断言。やり続けることによって時代は追いつくと評価し、黒沢さんの最大の理解者である村上さんと大島さんによって支え合い、硬い絆で結ばれたグループを素晴らしいと絶賛。放送終了後も「お笑いトリオの代名詞」「大好き」「最高!」などといった歓喜の声が寄せられ森三中への指示の高さが伺えました。子どもを抱えながらも体当たりな姿に、これからも応援し続けたいと思います。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.