「実は僕…」松坂桃李の相談に吉田鋼太郎「ビックリしたんです」怒り狂う演技が出来ない理由に驚愕

投稿日:2021/01/15 15:30 更新日:

1月15日放送の「あさイチ」(NHK総合)の「プレミアムトーク」では、俳優の吉田鋼太郎さんがゲストとして登場。吉田さんが松坂桃李さんと共演した時に驚いたことがあると明かし話題を集めました。

(画像:時事)

■吉田鋼太郎が「プレミアムトーク」に登場

今回はゲストとして、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で松永久秀役を演じたことでも評判を呼んだ俳優の吉田鋼太郎さんが登場。番組では、吉田さんに視聴者から「演技をするうえで楽しいことは何ですか?また、苦しいこともありますか?」との質問が寄せられます。

すると、吉田さんは「コミュニケーションが取れたときは楽しいですね。どうしても相手役と芝居をやって初めて成立するもんなんで、どうしてもやっぱりなんだろう…。うまくいかないんですよね、コミュニケーションって」とコメント。

続けて、吉田さんは「出来ているつもりでも、ちゃんと喋っていなかったり、ちゃんと聞いていなかったり、色んなことにお客さんに気を取られたり緊張したりしますから、それを全部こう…。全くそういうことをなくして、本当に相手役の方だけの世界になって、お互いに本当ちゃんとしたやり取りが出来た時ってのが、こうなんて言うか役者やってて良かったなと思いますね」と共演者とのコミュニケーションの大切さを力説しました。

■「実は僕…」松坂桃李の相談に吉田鋼太郎「ビックリしたんです」怒り狂う演技が出来ない理由に驚愕

ここで、博多華丸・大吉の博多大吉さんから「鋼太郎さんはキャリア的にどんどん上になってきて、共演する俳優は若い方が多いじゃないですか。例えば20代の役者さんと一緒にやるときなんか思うことというか、なんかあります?」と質問が。

吉田さんは「『シェイクスピア』だと割と怒り狂ったり、憎悪に燃えて相手をののしったりするシーンが多いんですね。日常ではあんまりないじゃないですか」と『シェイクスピア』  作品の話題を出します。

続けて「最近の若い方はその芝居が出来ない時にどうしてで出来ないんだろうねってミーティングをすると…。『実は僕、怒ったことがないのでどうやって怒ったらいいか分からない』っていう言葉を聞いてビックリしたんです。怒ったことがないんだと」と吉田さんが驚いた出来事を明かしました。

そのことを踏まえて、吉田さんは「それはちょっとどうだろう。役者をやるうえにおいてはあまりよろしくないんではないのと思ったんですけど…。要するに今、例えば、誰かを非難したりね、大きな声で何かをののしったりするってことは絶対やっちゃいけないっていうことになっているじゃないですか。だから、果たして、これから俳優たちにどういう影響を及ぼしていくのか」と持論を展開します。

また、吉田さんは「それは松坂桃李君なんですけどね。でも彼は素晴らしい役者なので、そういうことをちゃんとやっぱり乗り越えてはいけるんだろうなという風には思ったので、やっぱり才能のある方はちゃんとやっていけるんじゃないですかねっていう風に思いましたけど」と明かしました。

■松坂桃李のエピソードに反響

今回の放送について、ネット上では「松坂桃李くんが『怒ったことがないので怒り方がわからない』と吉田鋼太郎さんに相談したってエピソード、抱きしめたくなるな〜なんなのその生き方」「鋼太郎さんと松坂桃李くんの話、とても良かったなぁ…本当に優しさが滲み出る子だから…」「怒った事がない…松坂桃李さん。納得!」などのコメントがあがっています。

"怒ったことがないから怒り方が分からない"と松坂さんが言っていたという話は印象的だったのではないでしょうか。

また、吉田さんが送った松坂さんへのエールの言葉も素敵でしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.