「マツコ会議」番組スタッフ50kg減量で話題のジム 気になる費用は?

更新日:

5日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』で番組スタッフのダイエット企画を放送し、わずか1年足らずで革命的なダイエットに成功した奮闘記が大きな話題となっています。

5ヶ月余りで30kg以上のダイエットに成功


昨年1月に東京・南麻布にある高級パーソナルトレーニングジムから中継放送した縁が、今回の企画の発端となり、入会金50万円という究極のジムを経営する、オーナーことカリスマトレーナーの吉江一彦さんが収録当時106kg体重があった43歳のアシスタントプロデューサー(AP)・二瓶朱美さんに目を付けたました。「5カ月で25kgは落とせる」と言い切った吉江オーナーに驚いたMCのマツコ・デラックスさんは、「ちょっと本気でやってみろ二瓶!」と発破をかけました。こうして、1月から6月までの間に、25kg落とす過酷なダイエットが始まりました。内容は、ジムで行うトレーニングにプラス腸を整える食生活とファスティングを取り入れた徹底的なプログラム。

革命的な減量にチャレンジ

ついに迎えた6月、スタジオにいるマツコさんたちにお披露目をする時が来ました。その体重は74.8kgになり、なんとマイナス31.2kgの減量に成功したのです。驚きを隠せない一同の中、「人間ってこんなに生まれ変われるのね!」と感動するマツコさん。すると吉江オーナーは「年内であと20kgは落とせます」と強気な発言。痩せて自信をつけた二瓶APを目の当たりにしたマツコさんは「せっかくだからダイエット続けたら?」と提案し、12月までにトータルマイナス52kgを目指すさらに過酷な道のりがスタートしました。吉江オーナーは、「この業界的には1年で52kgものダイエットは革命的」と公言し、それからはアスリート的なトレーニングを実施。激しさを増すメニューと辛く険しい停滞期に、二瓶APも時折挫折を繰り返しながらも、二人三脚でなんとか乗り越えました。

セレブが通う高級ジムの気になる料金は!?


今回、二瓶さんのトレーニングの舞台となったジャングルジムとは一体どんなところなのでしょうか?ジャングルジムは2012年、港区南麻布3丁目にオープンしました。ジムは、「パーソナル」なので、同じ時間帯には全館一組だけしか使用できない知る人ぞ知るセレブ御用達の隠れ家ジムなのです。俳優の高橋克典さんやアンジャッシュの渡部健さんも通っているようです。気になる費用ですが、一般的なジムに比べて高額なのが一目瞭然です。公式ページには「Premium Course 60分 Training」の入会金が110,000円、年会費100,000円。1stクール15回405,000円。2ndクールは以降15回390,000円と記されていました。「Premium Course 90分 Training」となるとさらに金額があがり、入会金500,000円、年会費100,000円。1stクール24回840,000円、2ndクール以降24回816,000円となっているようです。
参考URL:https://junglegym.tokyo/

ダイエットをやる気になる人続々


マイナス52.8kgのダイエットに成功した二瓶APはまるで別人のよう。自信と輝きに満ち溢れた二瓶APの表情はとても美しく、全てを出し切った感が十分に表れていました。痩せて恋愛がしてみたいという二瓶APは、「太るのは簡単だけど痩せるのは大変」とごもっともな意見を述べ、これまでの血のにじむ努力が身に染みた様です。総額20万円以上もする衣装を身にまとい、マツコさんからはValextraの高級バッグと100g1万円相当する三田牛のサーロインステーキのご褒美に、思わず顔がほころんでいました。ネット上では「明日からダイエットに励む」「うらやましい、私も頑張る」「やる気が起きた」などといったダイエットに勇気付けられた視聴者からの大きな反響があがっていました。これを機にダイエットに励む人々が続出するのでは。何はともあれ、過酷なダイエット生活にお疲れさまとおめでとうと声をかけてあげたいですね。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.