マツコ『テレビ終わるよ!』終末感漂うスタジオで咆哮!「早く収まんねぇかな」 #夜の巷を徘徊する

更新日:

4月16日放送の「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、徘徊を自粛して、スタジオで収録が行われました。そうした状況を踏まえてマツコ・デラックスさんが放った言葉が話題となりました。

(画像:時事)

■マツコ『テレビ終わるよ!』終末感漂うスタジオで咆哮!

番組のオープニング、広いスタジオに椅子と机が置かれた寂しい光景を見て、マツコ・デラックスさんは思わず「あら、いいわね〜もう終末だね、これは。終わる、終わるね、何かが…テレビ終わるよ!」と咆哮。

スタッフから「新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外には出ずにスタジオで収録することになった」と伝えられたマツコさんは「ヤバい映画みたいになってきてるわね、これ…。実験をしてるみたいだね。何かのね」と困惑した表情を浮かべます。

そして、スタッフは番組HPには、今までマツコさんが徘徊した場所を記録した"徘徊マップ"が掲載されていると伝え、マツコさんはこれまでの徘徊を振り返りました。

また、マツコさんは最近、Googleマップを見ながらリニア中央新幹線の駅が出来ることになった名古屋駅周辺の再開発を勝手に妄想していると明かします。再開発のイメージ図は公開されていないそうで、マツコさんは「無いからやってんるじゃない。あるものを想像しても、もうそれに敵わないでしょ」と妄想だから繰り広げられると、その楽しみ方を力説。

■マツコが吉祥寺と恵比寿への本音を語る!

早くも、スタジオで何もすることがなくなってきたので、スタッフは最新の「街ランキング」に関する資料を用意。

「穴場だと思う街ランキング」を見たマツコさんは「表層的なものだけ見てれば、どこも良く見えるし。こんな何とかランキングなんて、こんなものをあてにするなって話ですよ。どこも住めば天国、どこも住めば地獄です」とこの手のランキングに影響されることの虚しさを語りました。

すると、マツコさんは「吉祥寺、私、今だから言うわよ、別にそんな嫌いじゃないわよ。恵比寿も私、今だから言うわよ、住んでたわよ」と、毒を吐いたこともあった吉祥寺や恵比寿に対してのリアルな気持ちをカミングアウト。

番組のエンディングでは、外に咲いた桜を見たマツコさんは「早く収まんねぇかな!ほんと!」と、コロナ禍に対する国民の声を代弁しました。

今回の放送について、ネット上では「このご時世にロケもままならないマツコの最後の一言『早く収まんねぇかな!ほんと!』がリアル」「マツコ・デラックス『終末だね、テレビ終わるよ(笑)』冒頭からなかなか衝撃的な一言(笑)」「マツコも徘徊しなくなったという、終末感」などのコメントが上がっています。

やりたいことが出来ないマツコさんのもどかしさが伝わってくる放送でしたね。また、殺風景なスタジオは、終末感が漂うインパクトのある映像だったのではないでしょうか。

【番組情報】
夜の巷を徘徊する
マツコ、スタジオで妄想徘徊
https://tver.jp/episode/70819676

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.