M-1優勝発表の後ろで和牛・水田のとった行動が"泣ける"と話題に…「今年で最後だと2人で決めて」

更新日:

『M-1グランプリ2019』でミルクボーイの優勝が決まった時の、和牛・水田信二さんが同期のかまいたち・濱家隆一さんを労う様子が感動的だと話題を集めました。

和牛が敗者復活戦を制す

12月22日に開催された漫才日本一を決める『M-1グランプリ2019』敗者復活戦を制したのは"3年連続でM-1準優勝"のお笑いコンビ、和牛。

そして、決勝に進んだ和牛は不動産屋のネタを披露して652点という高得点を叩き出すも、最後の10組目に登場したぺこぱが654点を獲得して僅差で逆転。和牛は4位に終わり、最終ラウンド進出を逃します。

「M-1」放送直後に生配信された「世界最速大反省会」にて、敗因を問われた水田信二さんは『服』だと回答。ちなみに『服』とは水田さんがたまたま服屋さんの前を通って気に入って購入した『ピンク色のチャンピオンのパーカー』のこと。

「チャンピオンやし、ちょうどええわと思って。着てきたんです」と水田さんが話すと、相方の川西賢志郎さんは「すごい上機嫌で着てきたんですけど、数年前にスーパーマラドーナの田中さんがチャンピオンの同じようなの服を着て負けているんですよ」と先輩の失敗から学んでいない相方に指摘を。

これには、水田さんも「あの時、俺も田中さんのことを笑っていたのに。忘れていた。(チャンピオンに)すがっちゃいました」とコメント。

そして、ファイナリストが集合した「打ち上げ」の席で千鳥のノブさんから「来年のことは考えられないよね」と尋ねられた水田さんは「今年で…」と語ったことを明かします。

M-1優勝発表の後ろで和牛・水田のとった行動が"泣ける"と話題に

決勝終了後、水田さんは優勝したミルクボーイを「おめでとう」と祝福。そして、水田さんは2位に終わって悔しい表情を浮かべていた同期のかまいたち・濱家隆一さんに声をかけこれまでの努力を労います。

自分も悔しいはずなのに濱家さんを慰める水田さんには、ネット上で「かまいたち優勝できなくて残念悔しそうだったなぁ。水田さんが濱家に声掛けてたの見てグッときちゃった…」「和牛とかまいたちがな~~ミルクボーイの後ろで濱家さんに声掛けてる水田さんの姿にやられた…」「優勝決まった時に水田さんが濱家さんに声かけてるところ見てたら涙出てきた」などのコメントが。

和牛とかまいたちはコンビ結成の年は違いますが同期で、苦楽をともにした仲だからこその水田さん行動は感動的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.