スピッツ・草野マサムネが「人気出そう」と予想したロックバンドとは?「オレ、大好物ですね」

更新日:

ラジオ番組「SPITZ 草野マサムネのロック大陸漫遊記」(TOKYO FMほか)。3月22日の放送では、草野さんが絶賛したバンドや草野さんが名付けた番組リスナーの総称が話題になりました。

■「春ソング」特集でD.W.ニコルズを紹介

今回の放送では、「春ソングリクエストで漫遊記」と題し、「春」や「Spring」というワードがタイトルや歌詞に入っている曲限定で、リスナーからのリクエストを募集。

リクエストの中から草野さんが選び、曲を紹介。

D.W.ニコルズからは、「はるのうた」が紹介されました。

「はるのうた」について草野さんは、「全体的に彼らの曲って春のなんかポカポカしたイメージがありますよね。実は暗めの曲なんかもあったりするんだけど、この『はるのうた』って曲は特にポカポカした気持ちになれるかもしれないです」とコメント。

D.W.ニコルズの萬玉あいさんは、草野さんに紹介されたことについて、Twitterで反応。

「マサムネさんが紹介してくださっている!!!!嬉しい…」と感極まっている様子でした。

■草野が「人気出そう」と予想したロックバンドとは?「オレ、大好物ですね」


The Songbardsの「春の香りに包まれて」を流す際には、最近までこのバンドを知らなかったと明かした草野さん。

聴いてみたところ、「このバンドねぇ、いいですよ、すごく。シンプルなバンドサウンドと残響の感じが、オレ、大好物ですね」と、好みだったことを告白。

その後、草野さんが「多分、おじさんウケもいいバンドなんじゃないかな。メロディーも綺麗ですしね」と曲を流します。

曲が終わると、The Songbardsの去年発売されたアルバムを聴いたという草野さんは、そのアルバムについて「最高でしたね。人気出そうね。もっともっとね」と絶賛。

さらに、「なんかオレ、聴きすぎると影響受けそうなんで、聴き過ぎないようにしようと思いましたけども」とこの上ない誉め言葉も飛び出します。

そして「シンプルなバンドサウンドで突っ走って欲しいなと思いました」と、後輩ロックバンドに期待の言葉を送りました。

これにThe Songbardsの上野皓平さん、松原有志さんもTwitterで反応が。

上野さんは、草野さんとリクエストしたリスナーに感謝しつつ、過去にInstagramに投稿したというスピッツの「プール」の弾き語りカバーの動画をアップ。

松原さんも、ハッシュタグを使用して、励みになると喜んでいる様子でした。

■草野マサムネが名付けた、ロック大陸リスナーの総称は…?「かっこいいな!」の声

番組終盤、来週は「いかしたライブ音源で漫遊記」をテーマに、ライブ音源の曲を紹介していくことを告知。

新型コロナウイルスの影響で、ライブが中止や延期になっていることから、「ライブ大好きな人には、ほんと、さぞかしガッカリされている方も多いと思います。そういうね、ロック大陸トラベラーの方々、せめてラジオでライブの雰囲気だけでも楽しんでいただこうと思っています」とコメント。

続けて、4月は各放送局の番組改編記であることから、この番組も曜日や放送時間が変わる放送局もあるそうで、「4月からの番組情報は、あなたのお聴きの放送局のホームページなどで事前にチェックしていただきたいです」呼び掛けます。

そして「いつもの時間にね、ロック大陸に行ったのに『草野さんいないじゃん!』みたいなことがないようによろしくお願いいたします」と言って締めくくりました。

番組を聴いたリスナーはネット上で、「マサムネさんがいないロック大陸なんて果てしない荒野だよ……」「優しい注意喚起」と反応。

また、リスナーのことを「ロック大陸トラベラー」と呼んだ新しいワードに対しても、「"ロック大陸トラベラー"かっこいいな!」「ロック大陸漫遊記リスナーはロック大陸トラベラーなんですね」という反応が複数あがっていました。

草野さんが紹介したアーティストの今後の活躍にも期待しましょう。

【番組情報】
ロック大陸漫遊記
http://radiko.jp/#!/ts/FMT/20200322210000

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.