草彅剛がギャング姿で『アディオス』千秋楽を無事に終え…ファンからは、早くも「再演」を臨む声も

更新日:

2月2日(日)に、タレントで俳優の草彅剛さんが自身のInstagramを更新。舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」の千秋楽を無事に終えたことを報告し、すぐさま多くのファンが反応しました。

草彅さんは、1月11日から始まった舞台「アルトゥロ・ウイの興隆」で主演を勤めていました。この物語は、ドイツ国首相のヒトラーが独裁者として、いかに大衆を熱狂させ、上り詰めていったかということをシカゴのギャングの世界に置き換えて描いた作品。

インスタグラムで、草彅さんは「アディオス!千秋楽、無事、終わった!また、お会いしましょう!」との言葉を綴り、観客や関係者に感謝を伝えています。

投稿された写真は、黒いアイラインやアイシャドウで目を囲むメイクなどを施した草彅さんが真っ赤なスーツに身を包んだ様子が映し出されています。その表情はギャングそのもの。

この投稿に、ファンからは「ウィさま!!お疲れ様でした 最高でした」「お疲れさま!つよぽんななにー終わったら、身体休めてねずっと観てたかったよウィ様」「また観たい!と思いました!素敵な舞台をありがとうございます」「また、絶対ですよ、再演して下さいね」などのコメントがあがりました。

ファンからは早くも再演を熱望する声が多くあがっているようですね。最近、再び各方面から引っ張りだこの草彅さん。これからもさまざまな場所で、草彅さんの顔を見られることが楽しみですね。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.