酒に溺れた国民的美少女・工藤綾乃がマツコの助言に涙「アウトデラックス」が話題♡

更新日:

15日放送のフジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス』に2009年の全日本国民的美少女コンテストでグランプリ&モデル部門賞をW受賞した女優の工藤綾乃さんがゲスト出演。「国民的美少女っていう肩書がちょっとストレスで」と言い、酒に溺れた生活を送っているまさかのアウトな実情を激白しました。

画像はフジテレビ公式Twitterより

“国民的美少女”の肩書がストレス!

今年のプロ野球の公式戦で国歌独唱した際には、球場アナウンスで「本日、国歌独唱をしていただくのは第12回全日本国民的美少女コンテストにて史上初めてグランプリ及びモデル部門賞をW受賞した」と紹介されたといい「毎回毎回、仕事のたびに肩書があるんですよ」とため息。するとすかさず、アウト軍団の女優・遠野なぎこさんから「それがあるからここに(番組に)いられるんだよ」と叱咤される場面が。同コンテストでグランプリを受賞した当初は仕事も多忙で天狗になってしまったと反省。しかし、次第に仕事が減少し「今、全然仕事がないってことは、チャンスを与えてもらっていたのに、つかみきれていなかった自分が…。ストレス(のはけ口)が分からなくなっちゃって」と清楚なイメージと自分のギャップに疲れ、お酒に走った理由を告白しました。

お酒が中心の生活と深い闇


番組では、工藤さんの休日に密着。家飲みか、ハッピーアワーを開催している居酒屋を巡るという工藤さんの休日はまさにお酒が生活の起点になっている実情を目の当たりにしました。そして、居酒屋で2時間の間にウーロン杯を13杯飲む姿を紹介。お酒を「その日を何事もなかったかのように終わらせてくれる相手」という工藤さんに対し、番組MCのマツコ・デラックスさんは「あなた覚悟ができてないわ。女優として絶対に成功してやるっていうのがあったら変わると思う」と悩める美少女に一喝。その言葉が身に染みたのか「おっしゃる通りなのかなって思う」と涙を流す工藤さん。この若さで、尋常じゃない飲みっぷりは何だか心配になってしまいます。マツコさんの有難いお言葉をバネに、女優業にも本腰を入れ、気持ちを切り替えて欲しいと願います。


番組終了後、ネット上では「頑張れ!」「すごくキレイ」「宝の持ち腐れ」などといった工藤さんに対するエールが寄せられました。まだあどけない少女が大きな肩書を背負い、芸能界へのプレッシャーはいつしか心の闇へと変化していったのかも知れません。女優として日々奮闘する健気な工藤さんの今後の活躍に期待したいですね。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.