NHKが“ハズキルーペ”や“高須クリニック”をネタに!「コントの日」が攻めすぎと話題♡

更新日:

11月3日にNHKで2時間半のコント特番「コントの日」が放送されました。最近テレビで放送される機会が減ったコント番組の灯を絶やさないことをコンセプトを掲げた「コントの日」では、番組内で放送された「ハズキルーペ」や「高須クリニック」のCMのパロディネタが攻めすぎと話題を集めています。

画像はNHK広報サイトNHK_PR予告動画のスクリーンショット

NHKがスペシャル番組「コントの日」を放送

制作に手間がかかるなどテレビで見る機会が減ったコント番組。そうしたコントの復権を目指してNHKは、ビートたけしさんが会長に就任する形で「日本コント協会」を発足させスペシャル番組が「コントの日」を放送。「コントの日」の出演者はビートたけしさんに加えて、協会の会員として東京03、サンドウィッチマン、劇団ひとり、ロッチ、渡辺直美、新川優愛といったメンバーが出演。さらに、ロバート秋山さんや、山田裕貴さん、田中美奈子さん、仲村トオルさんといった豪華ゲストが登場しています。

「プリキュア」ネタで攻める渡辺直美

一番最初のコント・不倫撲滅戦隊「フリンキュア」に登場したのが渡辺直美さん。これは「プリキュア」シリーズのパロディで、渡辺さん達、3人の「フリンキュア」が不倫男を撃退するという内容で、早速民放の人気アニメをネタにする攻めた演出で笑いを誘います。他にも、「オタサーの姫」「意外と…」「何時だと思ってんだ」などのコントが続き、東京03、サンドウィッチマン、劇団ひとり、ロッチといったコント職人達が持ち前のセンスを発揮して視聴者を楽しませす。

平泉成モノマネを披露するビートたけし会長

平成最後の年ということもあり、「コントの日」ではテーマを「平成」に設定。番組内では平成の出来事をネタにしたコントも披露されました。ビートたけし会長も「新元号 決まる」というネタに登場。これは当時の官房長官だった小渕恵三さんが新元号は「平成」でありますと紹介したことをネタにしてオリジナルコントになります。小渕恵三さんになりきって登場したビートたけしさん、墨で書かれた文字を掲げるとそこには「平泉成」の文字。するとその流れで平泉成さんのモノマネのモノマネで爆笑を誘うことに。現在71歳ながら爆笑を誘うバイタリティあふれる姿を見せる形になりました。

「ハズキルーペ」に「高須クリニック」と民放CMをネタに!


「コントの日」で1番話題になったのが、劇団ひとりさんによる「ハズキルーペ」や「高須クリニック」といった民放のCMをネタにしたパロディですね。「コントの日」をPRを入れつつ、高須院長や渡辺謙さんを完コピした劇団ひとりさんの入魂の演技と、民放で流れるCMを堂々とネタにしてしまうNHKらしからぬぶっ飛んだ演出が「各方面に喧嘩売りまくってるな」などの声とともに「おもしろい」と絶賛されることになりました。

出演者による合間のトークで、CMネタのクオリティの高さと、「NHKでこれやっていいんすか?」と質問が出ると、ビートたけしさんからは「「大丈夫だよ、NHKは来年から民法になるから」の言葉で全員爆笑。ちなみに、「高須クリニック」のCMネタは撮影に1日かかるなど苦労して作ったネタのようで、高須院長からもお墨付きをもらっています。

豪華なゲストが出演した「コントの日」は、豪華なメンバーがオール新作で非常に充実した内容でした。これからも、新しい出演者を加えつつ、定期的に「コントの日」は放送を続けて欲しいですね♡(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.