清原翔「ずっちーなっていう感じ」と『東京ラブストーリー』リカとカンチの名シーンを語り話題

更新日:

6月5日放送の「あさイチ」(NHK総合)では、俳優の清原翔さんがゲスト出演。清原さんが自粛中に鑑賞したと言う平成版「東京ラブストーリー」について語り話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■清原翔が語るリカの魅力とは?

今回のゲストは、昨年放送されたNHK連続テレビ小説「なつぞら 」に柴田照男役で出演した清原翔さん。そんな清原さんは、令和版「東京ラブストーリー」で三上健一を演じたことが話題なりました。

監督のアドバイスもあり、織田裕二さんと鈴木保奈美さんが主演を務めた平成版「東京ラブストーリー」をあえて観ずに撮影に臨んだという清原さんは、自粛中に平成版を鑑賞したことを明かします。

番組では、平成版の名シーンと放送時話題になった鈴木保奈美さんが演じたヒロイン・赤名リカの名台詞を紹介。

その流れでリカのような女性はタイプかと問われた清原さんは「すっごい魅力的でした」とコメント。

続けて清原さんは「えっ良くないですか何か?何か言ってること全部、何て言うんですかね?男からしたらグサグサくるというか。それ言われたら確かに俺が非あるなと思うことばっかだったんで、こういう強烈な言葉もあったりとかして、何か振り回されるのも良いなって思っちゃいました」とリカに惹かれる理由を語りました。

■清原翔「ずっちーなっていう感じ」リカとカンチの名シーンを語り話題

また、平成版で印象に残ったシーンについて、最終回で、永尾完治(織田裕二)がリカと再会するシーンと回答。

この場面について清原さんは「あそこで『永尾君』と呼び方が変わっているところで、それがグッときたというか、離れちゃったんだって。その後、一番別れ際にカンチに戻るんですよ。そこでまた、グサッときて、ずっちーなっていう感じでした」と、完治の名台詞「ずっちーな(ずるい)」を再現します。

清原さんの「ずっちーな」を聞いた博多華丸・大吉の博多大吉さんが「自然の流れで出ちゃいましたね」と尋ねると、清原さんは「1人で言っちゃいましたね」とコメント。

また、博多華丸さんは「今、改めて観れば山本高広君のモノマネは全然似てないよね」と、織田裕二さんのモノマネを得意とする山本高広さんにダメ出し。

すると、大吉さんは「音は似てるの、聞けば似てるの、見た目がちょっと山本君は似てないだけで」とモノマネなので多少の誇張は許してあげて欲しいと山本さんをフォローしました。

今回の放送について、ネット上では「予想以上に東ラブを掘り下げてる。自粛中に平成版を見た清原君。平成版リカのセリフが胸に響くとか。最終回にカンチに東京で再会した時に永尾君呼びになった事が胸に刺さったとか、抱きしめ方で冷たく見えて何テイクもして苦労したお話が聞けた」「朝から清原翔の顔面アップは活力でしかない!今日は頑張れます!ありがとうございます」「NHKで聞くずっちーなやばいw」などのコメントが上がっています。

清原さんが、はにかみながらも「ずっちーな」という言うところが面白かったですね。また、NHKの番組なのにリカの名台詞を連呼するところは、朝から攻めていると感じた人は多いのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.