堂本剛「霧が晴れたような気持ちに」KinKi Kidsは“肛門期”が続いていた?

更新日:

10月22日のレコメン!の「KinKi Kidsどんなもんヤ!」(月曜日24:05すぎから24:30ごろ)は2人そろって登場し、得意のウンコネタからジャニーズの後輩への羨望など二人の独特のトークが炸裂しました。

「う○こって聞くとちょっと霧が晴れたような気持ちになんねん」

今回の放送でお二人の大好きなう○この話題がリスナーから送られてきました。子どもがう○こが好きな理由は、2歳から4歳ぐらいの子は「肛門期」という時期であり、う○こに愛着があるそう。「お二人も肛門期が続いているのではないですか?」というリスナーに、二人とも「なるほどね。だからか。だからう○こって聞くとちょっと霧が晴れたような気持ちになんねん」と乗っかりました。二人がトイレやう○この話題で盛り上がってしまうのはファンにとっては昔からの常識ですが、そんなファンもラジオにこのようなメールを送ってくるのはファンと二人の良い空気感からなのかもしれません。ラジオを聞いたファンからも「納得するのか(笑)」という声が上がっていました。

「なんとか中島健人よりかっこよくあろうとしてんねん!」

続いてのメッセージはお孫さんからいる女性の方から。孫の影響でKinKi Kidsのファンになったとのことですが、最近光一さんファンの孫が「もうおじさんしか愛せない」と言っているということでした。それを受けた光一さん、「おい(笑)」と一言。剛さんは「一般的には40はおじさんだから」といい、二人で年齢をかみしめていました。そんなおじさんたち、中島健人さんがある食べ物を食べたた時に「深いキスをしたような感じ」と表現したとリスナーから報告が来ていました。おじさん二人は「食べ物ってキスにつながる?」「健人は深いキスをしたことがあるってことやん。えーショック—(笑)」と二人ならではの毒舌で返します。最終的に光一さんが「キスは、キスだよねぇ。」とちょっとかっこいい声で締めようとしますが、剛さんが「全然かっこよくない」とばっさり。「なんとか中島健人よりかっこよくあろうとしてんねん!」とがんばる光一さん。結局、「それは無理よ」「そっか、無理か(笑)」といつものゆるい二人のやりとりで終わりました。ファンにとってはそんな自然体のおじさんに「肛門期だからな(笑)」という声が上がっていました。

う○この話題が大好きな愛すべきおじさん二人組、そしてこの二人とファンとの関係、これからもこんな風に続いていってほしいと思ったファンは多かったのではないでしょうか。「KinKi Kidsどんなもんヤ!」は交代制でMCをしていますが、二人そろって放送されるのはファンにとって特別な回となったようでした。(文:KinkiKidsライター ドナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.