木村拓哉「うわ、面白れ〜」念願の役柄に喜びひとしお!新作裏話にファン"やっと聞けた"と歓喜

更新日:

毎週日曜放送の「木村拓哉 Flow」(TOKYO FM他)。8月最終週となる今回の放送では、ゲスト不在で木村さん自身がリスナーからの質問にたっぷりと答える内容が話題となりました。

演じてみたかった2つのシチュエーションが、ドラマ『教場』で同時に実現

最初の話題は、フジテレビ開局60周年特別企画として2020年新春に放送が予定されている、木村さん主演のドラマ『教場』について。

警察学校を舞台に展開されるこのドラマは、長岡弘樹さん著の小説が原作となっており、木村さんはこの原作を読んだときに「うわ、面白れ〜」と素直に感じたそうです。

それと同時に、「これをどう具現化するんだろう」という気持ちが、ドラマに向き合う木村さんの心を奮い立たせたのだとか。

さらに、かねてから演じてみたいと思っていたシチュエーションとして、"学校の先生"、そして"警察官"という2つの職業があったそう。

木村さんが警察学校の教官を演じる同ドラマでは、その両方が同時に叶うとあり、喜びと期待もひとしおだったようです。

オフの日に役衣装を着て現場に立ち会ったエピソードに「素敵!」とファン称賛

さらに木村さんは、ドラマ『教場』の撮影エピソードについてもたっぷりと語りました。

ドラマ内で教官として教壇にたつ木村さんに対し、生徒という立場で警察官を演じる若い俳優陣の名前を一人ひとり、フルネームで丁寧に紹介する木村さん。

出演者たちの意識も高く、撮影が始まる前には、キャストのまとめ役でもある三浦翔平さんの提案で、決起集会として食事会が開かれたのだそうです。

その際に、出演者たちが撮影に必要な警察学校の訓練について、木村さんに不安を打ち明けたのだとか。

食事会の後日、急遽予定が空いた木村さんは、自身の撮影はないにも関わらず、役の衣装を身に付けて訓練の様子を見に行ったそうです。

こうしたエピソードに、ネットでは「教官姿で訓練を見に行かれる木村さん、素敵だなぁ」「みんなの不安を拭うために訓練に立ち会う木村くん…やっぱり厳しくも暖かい!」「俄然、ドラマに興味わいてくる!」などの声が上がっていました。

10月スタートの新ドラマ『グランメゾン東京』の裏話に歓喜する声多数

次のリスナーからのお便りに関連して、10月から始まるTBS日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)についても言及。

このドラマでは主演として、型破りなフランス料理の天才シェフを演じる木村さんですが、初めて台本を読んだときには、その分量の多さに驚き、「これ全部撮れるんですか?」と感じたそうです。

さらに、2007年に同じ日曜劇場の枠で放送された『華麗なる一族』以来、12年ぶりの共演となる鈴木京香さんとのエピソードも披露。

当時は、お互いに近寄りがたい立ち位置の役柄だったこともあり、『グランメゾン東京』の顔合わせで鈴木さんと対面した際に、「今回はそういう(近寄りがたい)感じじゃなくてよかった〜!」という会話をしたのだとか。

ネット上では、「グランメゾン東京の裏話がやっと聞けて嬉しい!」「最終週は、今回みたいに話せる範囲で、撮影裏話や近況をたっぷり語ってほしいな」など、歓喜の声が上がっていました。

スピードワゴン・小沢とのラジオ共演に期待の声も

今月から新体制となった同番組。月の最終週はゲストを呼ばず、木村さん自身の話をたっぷり聴くことができるとあって、木村さんのファンからは多くの好評を得たようです。

そして、9月第1週目からはスピードワゴンの小沢一敬さんをゲストに迎えるということで、ネットでは「まさかの小沢さん!楽しみ〜!」「木村くんと小沢さん、どんな楽しい会話になるか非常に楽しみです」など、期待の声も多数上がっていました。

少し意外にも思われる2人のラジオセッションが、今から楽しみですね。

今回の放送もタイムフリーで聴くことができますので、聴き逃した方はぜひチェックしてみてくださいね。

http://radiko.jp/#!/ts/FMT/20190825113000

(文:アイドル担当ライター くる美)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.