川谷絵音「一生残る曲を作りたい」4つのバンドをかけもち休みはゼロ… #深イイ話 出演が話題

更新日:

6月15日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)では、川谷絵音さん(ゲスの極み乙女。、indigo la End、ichikoro、ジェニーハイ)が登場。川谷さんが音楽への熱い想いを語り話題を集めました。

■千鳥・ノブが川谷絵音のVTRをナビゲート

今回、番組は、川谷絵音さんに密着。川谷さんの親友として千鳥・ノブさんがインタビューに応じました。川谷さんについてノブさんは「この人のこと知らない人はまじでいないんじゃないですか?日本中に」とコメント。

そうしたこともあり、ノブさんは、番組が密着した川谷さんのVTRのナビゲーターを担当することになりました。

VTRの中で、元々は芸人志望だったものの人見知りだと語る川谷さんを見て、ノブさんは「最初はね、仲良くなるまでは」と語り、川谷さんをフォロー。

しかし、川谷さんが仕事のために休日は電車などで他の人の話を盗み聞きするのが趣味と話すと、ノブさんは「変人やん?」と手厳しいツッコミを浴びせます。

また、川谷さんが「持っていかない後悔よりも、持って行く後悔の方がいいかなと」と、合計6つの御守りを持って常に持ち歩いていることを明かします。すると、ノブさんは「気遣いなんで、そういうところがあるんかもね」と川谷さんの人柄を語りました。

■川谷絵音「一生残る曲を作りたい」4つのバンドをかけもち休みはゼロ…

4つのバンドを掛け持ちながら、他にも10個以上のプロジェクトを同時進行するなどスタジオにこもりきりで休みはゼロという川谷さん。

密着中、川谷さんは、車雑誌のインタビューを受けます。しかし、川谷さん自身は、車の運転はしないとのこと。乗らないのにインタビューを受けた理由を聞くと、川谷さんは「そういえば車の曲って書いたことないなって思って。車乗らないからなんですけど、そういうのもいいなって思って」と、曲作りのために新しい経験をしたかったことを明かします。

また、川谷さんは「とにかく、僕、あんまり(仕事は)断らないんですよ。何でも来たものはやってみるというか」とコメント。

音楽のためにとりあえず何でもやってみるという川谷さんは忙しい合間をぬって朝一でエンタメにご利益があるといわれる仙台の神社を訪問。そこで「一生残る曲を作りたい」という願いを紙に書きます。

そして、川谷さんは「『あれ作ってたのあの人だった』そういうのちょっといいじゃないですか。『あ〜聴いてくれた!』って思うと。そういうことに今何か幸せを感じてるので」と音楽への熱い想いを語りました。

今回の放送について、ネット上では「情報たっぷりだったし、見たことない写真もあったし、とにかく最高でした!!」「良い放送だったーいつも川谷絵音そのまんまで。だから好き。今までもこれからもずっと応援しています」「一生残る名曲を絵音さんなら作れるだろうし、これからもいっぱい曲を聴けると思うとめちゃめちゃ楽しみ」などのコメントが上がっています。

ノブさんが担当した川谷さんのVTRのナビゲートが時に辛辣で、そのツッコミも面白かったですね。今回は、川谷さんの音楽にかける想いをじっくり聞くことができる放送となったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.