有吉「バカかお前ら」メディアの過剰報道に苦言 "良い事言ってる"と話題!「かりそめ天国」

更新日:

4月10日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」で、有吉弘行さんがメディアの過剰報道に苦言を呈す場面が登場。報道番組に出演する久保田直子アナウンサーの意見も相まって話題になっています。

有吉弘行がメディアの過熱報道に苦言を呈す

10日オンエアの「マツコ&有吉 かりそめ天国」では、30代会社員から「“社内ニート”から抜け出したい」という相談が寄せられます。一通りこの事について話し合った後、カルロス・ゴーン氏が家族で散歩しているだけなのに近距離で撮影されてしまう報道姿勢に有吉弘行さんが「バカかお前ら、本当にどうかしてる」と苦言を呈す場面が登場します。続けてマツコ・デラックスさんは「肝心の出所する時は、まんまと騙されたんだろ」とコメント。ゴーン氏が変装したため、その瞬間を撮影し損ねた事を指摘します。

久保田直子アナウンサーがメディアの側から持論を展開

テレ朝お昼の情報番組「ワイド!スクランブル」に出演する久保田直子アナウンサーは、そうしたメディアの過熱報道に対して「人の心を失っているよ」とコメント。「これをやらなきゃいけないと思っているから少し麻痺する部分がある」と話し、続けて自分が同じ事をされたら嫌だと明言した上で、久保田アナは「ごめんなさい、仕事だから」と割り切っていると話します。

すると、有吉さんは「その人達が本当に心を病んで、体壊しても、笑ってんでしょ」と問いかける、ここは「笑わない!」とキッパリ答える久保田アナ。さらに有吉さんは、自分達のせいで相手が入院した時などは「黙るのか?」と追求を深め、「もう少し人の心を取り戻した方が良い」と真摯な言葉で久保田アナに語りかけます。

ここでマツコさんも討論に加わり、「あんたから始めたらいいじゃない」と過剰な報道をストップする活動を始めてみたらと久保田アナにアドバイス。そうした草の根運動の結果、報道のあり方が代わり「“報道界のジャンヌダルク”と呼ばれるようになる」と笑いを交えながらトークは弾みます。久保田アナを通じて報道側からのコメントを聞けた有吉さんは最後は「仕事って大変」とポツリ。久保田アナへのフォローも欠かしませんでした。

有吉弘行のコメントに「良い事言ってる」の声

ネットでは、放送を見た人から、「今日のかりそめ天国有吉さんめっさ良い事言ってる」「有吉が今の日本の報道体制についてめっちゃええ事ゆーてるぞ」。「昨今の報道に対する有吉の今日のセリフ、ほんとその通りだとおもう。ちゃんと言える人は貴重だな」などの声があがっていました。

サラッとではありますが過熱報道について語る有吉さんの目は真剣で、多くの人の心に響くものがありました。また、久保田アナの報道する側の意見も聞けたのは貴重だったのではないでしょうか。番組は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみて下さいね。
見逃し放送:GYAO!かりそめ天国
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.