かまいたちと和牛、M-1舞台裏で見せた表情…。戦友の熱い想いと"絆"に「泣いた」と感動の声!

更新日:

1月11日に放送された「M-1アナザーストーリー~"史上最高"大会の舞台ウラ完全密着~」(テレビ朝日系)。NSC大阪校26期生の同期、かまいたちと和牛が健闘を讃え合う姿が映し出されました。戦友であり、良きライバルであることが垣間見え、その表情に心を揺さぶられた人が多かったようです。

■かまいたちが「M-1」決勝前の心境を語る

ミルクボーイの優勝で幕を閉じた「M-1グランプリ2019」の激闘の裏側を描く「M-1アナザーストーリー~"史上最高"大会の舞台ウラ完全密着~」。

コンビ結成15年目の「M-1」ラストイヤーを迎えたかまいたち・山内健司さんは本番前にその心境について「やっとですわ。やっと終わる嬉しさもかなりありますね。ベストは今から記憶が飛んで優勝し終わったとこに行って欲しい」と緊張した面持ちで本音を吐露。

また、前年のインタビューで山内さんは「今の所、今年(2018年)で終わりにしよう」と考えていたことを明かします。

しかし、相方の濱家隆一さんは2019年の「M-1」にかまいたちが挑戦する理由について「こんなに優勝したい大会はないから。賞レース15年やってきての集大成というか、これで賞レースを終わらせる」とラストイヤーにかける熱い意気込みを語ります。

■かまいたちと和牛、M-1舞台裏で見せた表情…

「M-1」決勝が始まり、敗者復活戦から勝ち上がった和牛ですが、最終10組目で登場したぺこぱに逆転され惜しくも4位で上位3組が進出する最終ラウンド進出を逃します。

その瞬間、和牛と同期のかまいたち・濱家さんは2人を抱きしめ健闘を讃え合いました。また、和牛・川西賢志郎さんは「結果関係なくこんないい舞台でね、もう1本漫才がしたかった、見届けようと思います」と悔しさをにじませつつも同期のかまいたちにエール。

そして、最終ラウンドでミルクボーイが優勝を決めた後の控え室で、濱家さんに「お疲れ。ええ漫才見してもらいました」と声をかけたのは川西さんでした。

全てが終わり、同期としてお互いにこれまでの努力をねぎらうかまいたちと和牛の4人。その夜、川西さんとラーメンを食べながら山内さんは「濱家がめっちゃ出たいと言ってくれた。結果、出て良かった。次やね、M-1の次のステージに」と未来を見据えつつ、やりきったという充実した表情を浮かべます。

■戦友の熱い想いと"絆"に「泣いた」と感動の声!

ネット上では「かまいたちさんと和牛さんの絆、ただただ強くて美しかった」「同期のかまいたち和牛の男の友情に泣いた…」「戦友でもあるかまいたちと和牛。絆が深い」「M-1のアナザーストーリー泣ける。かまいたち、和牛のネタ後の表情やばい」「M-1のアナザーストーリー見たけど、和牛とかまいたちの関係性が素敵すぎたどの芸人さんもめちゃくちゃかっこいいし、あんなの泣くに決まってるじゃん」などのコメントが上がっています。

番組では、かまいたちと和牛が健闘を讃え合うシーンの他にも、優勝したミルクボーイの2人の感動的な場面も。涙なしには見られなかったという人が多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
M-1アナザーストーリー ~"史上最高"大会の舞台ウラ完全密着~
https://tver.jp/episode/67086748
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.