みちょぱ「イジリに来るならイジリに来いよ」ファンを煽り「恥ずかしい…やらされてるんだからね、私」

更新日:

"みちょぱ"こと池田美優さんがパーソナリティをつとめる毎週日曜23時から放送のラジオ番組『#みちょパラ』(ニッポン放送ほか)。8月2日の放送では、新コーナー「伝説の天才ギャルポエマー『みちょを』」に届いたポエムが紹介されました。

■みちょぱが2回目でも涙したゴリ押し映画は?

番組冒頭、近況として最近観た映画の話から始める池田さん。1つ目にあげた映画は『ジョーカー』(2019年公開)。

『バットマン』に登場する怪人・ジョーカーの誕生する経緯が描かれたこの作品。池田さんは『バットマン』を観たことがなく、ジョーカー自体も知らなかったことから「なんだろう?私にはすごく難しい映画だった」と言います。

2つ目にあげた映画は『イエスタデイ』(2019年公開)。この映画は、主人公が目を覚ますと、世界的に有名であるはずの"ザ・ビートルズ"を自分以外、誰も知らない世界になっているという物語。

池田さんは、これまで特別好んでビートルズの曲を聴くというのは無かったそうですが、CMなどで聴いたことがある曲ばかりだったり、ボーカルのジョンレノンしか知らなかったけれど他のメンバーも知ることができたりと、映画を観て発見が多かったよう。

どちらも「面白かった」と言いつつも「まぁでも『7番房の奇跡』(2013年公開)を越える映画に今はまだ出会ってないよね」と言って、以前、この番組でもゴリ押ししていた映画『7番房の奇跡』の話題を出すと、2回目の観賞で再び同じ場面で涙したことを明かしました。

■みちょぱ「恥ずかしい…やらされてるんだからね、私」

池田さんが5年程前にInstagramでポエムのような文章をアップしていたことを、この番組のスタッフが見つけ出して始まった新コーナー「伝説の天才ギャルポエマー『みちょを』」。

相田みつをさんならぬ、"みちょを"さんがInstagramで書いてそうなポエムをリスナーから募り、ついに今回届いたポエムが紹介されていました。

コーナー説明の際に流れたBGMは、ドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)の主題歌でお馴染み、スガシカオの楽曲『Progress』。

池田さんは「イジリに来てるな~曲も!」とコーナーはおろか、この選曲もイジっていると訴えます。

そして、届いたポエムをしっとり丁寧に読み上げた末「あ~も~疲れたわ!もう疲れた!」「呼吸しずらい、私!むちゃくちゃ皆がさ、笑いを我慢してるのも伝わってくるしさぁ」と、なんとも居心地が悪いよう。

「恥ずかしい…やらされてるんだからね、私。こうエコー効かせた感じで『ゆっくり読んでくださいね』とかって言われてるんだからね」と弁明しつつ、届いたポエムを次々と読み上げました。

■みちょぱ「イジリに来るならイジリに来いよ」ファンへの煽りも?

届いたポエムに、笑いながら「意味わかんないんだけど!」と連発するなど、ポエムを書いたのがいつ頃かなど細かい設定を添えたうえでの投稿に「7年前か、私が13歳…いや無くわねぇな」「絶妙な年数いうのやめてくれない?」とツッコみを入れ盛り上がりをみせます。

最後は「完全にイジリに来るならイジリに来いよっていう。もう待ってるぞ、こっちは…って感じですね」と、今後も届くであろうポエムにビシッと受けて立つ池田さんでした。

リスナーはネット上で「なんの詩人だよwww」「聴いてる方も意味わかんないwww」「はやいうちにみちょぱのクソポエム考えなきゃ~~~」「みちょを…に投稿してみよ~っと」などと反応。

早速このコーナーに対するツッコミや投稿へ意欲的な声があがっていました。池田さんをとことんいじることができる、新コーナーということで、ハガキ職人たちの腕が鳴るのかもしれませんね。

【番組情報】
#みちょパラ
http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20200802230000
(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.