氷川きよし、歌唱中に号泣「どういう涙だったんですか?」と聞かれ…『碧し』作詞作曲はGReeeeN

投稿日:2021/05/24 9:26 更新日:

5月23日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ系)では、ゲストとして氷川きよしさんが登場。氷川さんは作詞作曲をGReeeeNが担当した「碧し」の歌唱中に涙した理由を明かし話題を集めました。

(画像:時事)

■氷川きよし、美容へのこだわりを語る

今回はゲストとして氷川きよしさんが登場。9年ぶりの番組出演になった氷川さんにくりぃむしちゅー・上田晋也さんは「氷川さんはやっぱ若さずっと保ってるもんね。9年経っても」と話を振ります。

すると、氷川さんは「そうですか?多少努力はしてますけど」とコメント。氷川さんの話を聞いた上田さんは「でもそっちのほうが気持ちいい。『いやいや何にもやってないんですよ』で保ってたら腹立つじゃないですか」と語り、笑いを誘いました。

続けて、氷川さんは「何かパックしたりとか。やっぱりそういうのやらないと年齢とともに水分量が減ってるような気がして、30代の時、全然やらなかったんですけど、美しくいたいっていう気持ちがすごくあるじゃないですか」と美容へのこだわりを明かします。

また、氷川さんは「やっぱり年齢とともにちゃんと 努力をして行かないと」と若さを保つために努力していると力説。一方で、森泉さんが「パックはいいよ。したほうがいいよ!」とパックを勧めると上田さんは「違う違う。泉ちゃん分かると思うけど手遅れなのよ」と自虐します。

それでも、森さんは「そんなことない。今男もやる時代なの」と説得にかかり、氷川さんも「ねっユニセックスですからね今ね!」と畳み掛けました。

■氷川きよし、歌唱中に号泣「どういう涙だったんですか?」と聞かれ…『碧し』作詞作曲はGReeeeN

そして、番組では、歌唱中に氷川さんが感極まって涙する映像が流れ、当時のことを振り返ります。

上田さんが「あれはどういう涙だったんですか?」と質問すると、氷川さんは「あれはGReeeeNに作ってもらった『碧し』って曲なんですけど。7年くらい前に書いてくれた作品なんですけど、あの詞が本当に自分のこの心境とピタッとはまってて。何か 今になってすごく自分の心に響くっていうか」とGReeeeNが手がけた歌詞に感動して涙したことを明かします。

続けて、氷川さんは「今の自分の姿とこの今のスタイルがあって、振り返って未来をGReeeeNは感じてくれて書いたのかなっていうか、自分が変わって行く姿とか。自分のこの心の中の部分とか変わって行くのを見据えてこの詞を書いてくれたんだなっていうのが分かった時に本当にこの人たちは天才なんだなっていうふうに思いました」と語りGReeeeNを絶賛しました。

今回の放送について、ネット上では「『男もパックする時代だよ』って泉ちゃんが言った後の『ユニセックスですからね』っていう氷川きよしさんの発言深いなぁ」「『碧し』は7年前からあった曲なんや」「氷川きよしさんが、GReeeeNの『碧し』の歌詞が今の自分って涙。GReeeeNは天才っておっしゃってましたよー」などのコメントが上がっています。

GReeeeNが作詞作曲を担当した「碧し」の歌詞に感動して涙したと明かした氷川さん。その姿が視聴者には印象的だったようです。

【番組情報】
おしゃれイズム
https://tver.jp/corner/f0074606

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.