『セミオトコ』に早くも「最終回が怖い」の声!切なすぎる予感とは?

更新日:

Hey!Say!JUMPの山田涼介さん主演の金曜ナイトドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系)。第3話では、セミオと出会ったことで起きた、登場人物たちの心境の変化が丁寧に描かれ、話題を呼びました。

セミオ効果で、心境に変化が現れる人物も

第3話に当たる『3日目のセミ』は、またしてもセミオ(山田涼介)が人間の姿であることを忘れて木に登り、落ちてしまうところから始まります。

そしてアパートの住人たち全員で、パンケーキの朝食を食べる場面。セミオと大川由香(木南晴夏)は、パンケーキの焼き上がりが待ち遠しいらしく、ホットプレートの蓋をこっそり開いて「ワクワク」とふたり仲良く覗いていました。

そんなふたりに対し、小川(北村有起哉)は「なんなんだよお前たちは。ぐりとぐらか」と、らしくないユニークな発言をするとともに、思わず微笑みます。

自分は余命が短いからと、人との関わりをあまり好まなかった小川ですが、さり気なくダジャレを言ったり、春(山崎静代)の夫・マサ(やついいちろう)に「なんか面白いな、ここんとこ。このアパート」と発言したりと、少しずつ変わってきているようです。

また、ドラマ内で由香が自身のことを「脱皮した」と表現したように、セミオと出会ってからの由香の変化は著しく、ネット上でも「由香、脱皮して変わってきたねぇ。きっと今まで、あまり人とうまく関われなかっただろうに。恋って人を成長させるんだな…」などの声が上がっていました。

由香に感情移入するあまり「最終回が怖い」の声

セミオが突如、由香の職場を見学しにきた後の帰り道。由香が「なんで来てくれたの?」と尋ねると、セミオは「おかゆさんに会いたくなったからです」と答えます。

これまでの人生で、自分に会いたいと言ってくれた人なんていなかったと話す由香に、「ここにいます」と優しく伝えるセミオ。由香はセミオの真っ直ぐな言葉に感激するとともに、切ない表情でうつむきます。

そしてその夜、美奈子(今田美桜)の部屋で裁縫をしながら、由香は「幸せに慣れてないから、怖い…今夜寝たら、あと4日(しか一緒にいられない)なんだ」「どうなっちゃうんだろう、その(別れの)時がきたら」と弱音を吐きだしました。

こうしたシーンを受けて、ネットでは「7日目がくるの怖いな…おかゆさんどうなっちゃうんだろう」「今、おかゆさんにどっぷり感情移入しちゃってるから、私も最終回がこわいよ…」などの声が多数上がりました。

期間限定の恋だから"セミキュン"するほど「喪失感」も?

今回も、視聴者をキュンとさせる台詞やシーンが満載の『セミオトコ』でしたが、"セミが地上で過ごす7日間の生涯"という設定上、視聴者も、由香とセミオに切ない別れがやってくることへの不安を感じずにはいられないようです。

ネット上には、「幸せを感じると泣けてしまうおかゆさんに、私が泣いてしまう…ずっと幸せでいて!」「セミオくんが1週間でいなくなるなんて、すごい喪失感」「セミオくんがずっと幸せになれる方法はないのかな」など、セミオと由香の別れを予感し寂しさを訴える声が多数上がっています。

また第4話の予告では、セミオが「離れたくないな、由香さんと…ずっと一緒にいたいな」と涙を流すシーンを放送。これを見た視聴者からは、ネット上で「4日目のセミオくん…涙なしでは見られなさそう」など、早くも涙を予感する声も上がっていました。

登場人物それぞれの境遇にほっこりしたり、セミオと由香に"セミキュン"したりと、毎回、内容充実の1時間。
次回は、どんな感動が待っているのでしょうか。第4話も楽しみですね。

(文:アイドル担当ライター くる美)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.