「意味分かんない」ハライチ澤部の目線で語る平野レミ"おっ立て"料理の裏側が「声出して笑う」レベルと話題

更新日:

芸人ハライチさんがパーソナリティを務めるラジオ番組「ハライチのターン!」(TBSラジオほか)。1月16日の放送では、澤部佑さんが1月13日にNHKで放送された「平野レミの早わざレシピ!2020初春」での裏話を語り、話題となりました。

(画像:時事通信フォト)

■「意味分かんない」ハライチ澤部の目線で語る平野レミ


「平野レミの早わざレシピ!」は、料理愛好家の平野レミさんが生放送でさまざまな料理を作る人気番組。平野さんから生み出される前衛的な料理が、放送される度に話題となっています。

この番組に、毎回いろいろな役どころで出演している澤部さん。昨年は"大根役"として真っ白の全身タイツで登場しましたが、今年はただただ銀色っぽい全身タイツを着て、家族が団らんしていた場面からいきなり登場したとのこと。

この状況に、澤部さん自身も「最初見た人、意味わかんない。澤部がいきなり全身タイツ」とコメントし、岩井さんも「怖いよ」とツッコミを入れて笑いを誘いました。

■岩井勇気、澤部佑が語る平野レミ料理にツッコミ「鶏が見たら悔しくて泣くよ」

番組内では、今年も平野さんらしい料理や調理法が炸裂したそう。

鍋の中にある具材をその鍋の"フタ"でかき混ぜたり、ソース作りの際に「玉ねぎの"人格"が変わるまで炒めて」と説明したりしたというエピソードを澤部さんが披露すると、岩井さんは爆笑。

また、平野さんは朝の番組にも関わらず下ネタともとれる際どいワードを連発させていたとのことで、澤部さんは平野さんの一挙一動に周囲があたふたしていた様子を楽しそうに語りました。

その中で、注目されたのが「鶏の丸焼き ひトリ立ち」という料理だったそう。毎年、何かを「おっ立てる」平野さん。今年のターゲットは「鶏」だったそうで、澤部さんは「ケツからハーブ突っ込んで焼いて、それを割り箸立ててぶっ刺して、鶏をおっ立てるという…」と平野さんの行動を説明。

続けて「ちょうど、あぐらかいてるみたいな感じになるの。立たせると」「頭は落としてる。頭のあったとこに、また葉っぱを詰めるの」「頭から葉っぱが"モサモサ"って出てて、あぐらかいてる鶏」と、立たされている鶏の様子を詳しく説明します。

最後に、平野さんは「成人式だからね」と言って、赤パプリカで作られた蝶ネクタイを飾ったそう。ここまで、笑ながらも静かに話を聞いていた岩井さんは、「お前…鶏が見たら悔しくて泣くよ」「同族がこんなことされて…」と鶏目線からツッコミを入れ、周囲は大爆笑となりました。

■"おっ立て"料理の裏側が「声出して笑う」レベルと話題

平野さんとの番組も無事終わり、エゴサーチをしながら帰ったという澤部さん。すると、全身タイツの澤部さんを見て「鶏とかより、澤部の乳首がおっ立ってる」との感想が多数あったそうで「すごい恥ずかしくなっちゃって」と当時の心境を吐露。

番組内では、澤部さんがエプロン替わりとして胸元にクリップで食事用ナプキンを止めるという場面もあったのですが、それについても「やっと乳首隠した」「あ~気持ち悪かった」など"乳首隠し布"だと勘違いした感想が多かったそう。

澤部さんは「エプロンなんだけど…あれは」と更に恥ずかしくなったと語り、笑いを誘いました。

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「澤部さんの毎年恒例平野レミさん生放送番組トークは待ちに待ってた」「澤部さん目線聞けて嬉しい!」「『鶏が見たら悔しくて泣くよ』声出して笑った」などの声が上がりました。

毎年恒例となっている澤部さんから見た「平野レミの早わざレシピ!」の裏話ですが、今年も安定して面白く、岩井さんのツッコミには、大爆笑したリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
ハライチのターン!
http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20200117000000
(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.