GLAY・TERU、ついに就活!?「プー太郎になってしまいました」CMオファー待ちを宣言

投稿日:2020/12/31 11:03 更新日:

 GLAYのTERUさんがパーソナリティをつとめる毎週水曜日23時から放送のラジオ番組『TERU ME NIGHT GLAY』(bayfm)。12月30日の放送では、先日開催されたライブを振り返る場面や、来年の活動について語る場面がありました。


(画像:時事通信フォト)

■GLAY・TERU、かつてない無歓声ライブを振り返る

 番組序盤、話題は先日開催された、さいたまスーパーアリーナでのライブ『GLAY DOME TOUR 2020 DEMOCRACY 25TH “HOTEL GLAY GRAND FINALE”』について。

 メンバーの間に、飛沫防止として分厚いアクリル板が設置されたり、準備段階からスタッフはゴム手袋をして、こまめに消毒をしたりと、コロナウイルスへの感染予防対策が徹底されたという今回のライブ。

 TERUさんは、そういった徹底した対応があったからこそ開催することが出来たとしてスタッフに改めて感謝の気持ちを語ります。

 来場したファンが大声で歓声をあげられないことについて「本当にね『イェーイ』って言ったら、拍手が『パー』って返って来るっていうね。なんか凄い、みんな冷静だな、なんて思いながらね…」とファンの反応に慣れなかった明かすTERUさん。

 しかし「でも冷静じゃなかったんですよね。みんな本当に噛みしめながら息を殺しながら、言葉を殺しながら参加してくれたということで、本当に我慢してくれたファンの皆さんありがとうございました」とコメント。

 終演後のファンの声を聞いたのか、ファンがライブ成功を考え、クラスターを発生させないために、感染防止対策で声を出さずに我慢したことに感謝します。

 そして、TERUさんも初めての経験という、今までとは全く違う景色のライブだったということで「歓声の代わりに大きな拍手で僕らを祝福してくれたという、そういう瞬間をですね、体感させていただいて、より皆を大切にしたいな、と思いました」と、今回のライブで、さらにファンへの思いが強まったことを語りました。

■GLAY・TERU、来年はプー太郎!?「CMとか待ってます」とアピール!

 番組終盤、今後のGLAYの活動について、一言「ノープラン!」というTERUさん。先週に引き続き「何もないです」と言い切るも、2月からはレコーディング漬けであることを明かします。また、新たなツアーの話も出ているのだとか。

 そして「まぁ新たな発表があるまで皆さん是非とも、のんびり待ってて欲しいと思います」とメッセージを送ります。とは言いつつも、しばらくGLAYの活動は緩やかなようで、TERUさんは「プー太郎になってしまいました」と言うと「皆さんCMとか待ってますからね!」とアピール。「まぁ大根役者ですけど」とジョークを挟んで、笑いを誘いました。

■GLAYの活動がなく、自身をプー太郎というTERUにファンからも「CMのオファー待ってます」の声

 それぞれの話にネット上では「こちらこそGLAYとスタッフの皆さん本当に万全の対策ありがとう!」「これ以上大切にしてくれるんですかぁ?!」「無職のTERUさんにCMのオファー待ってますw」「是非TERUさんにCMオファーをお待ちしております」といった声があがっていました。

 大変な状況な中で開催された、かつてない無歓声ライブを振り返ったTERUさん。さまざまな思いを語ってくれたことて、ファンも胸熱となった今年最後の放送だったのではないでしょうか。自身を「プー太郎」と言って、CMオファーを待つという流れも可笑しかったですね。

【番組情報】
TERU ME NIGHT GLAY
https://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20201230230000

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.