GLAY・TERU、新曲と正反対のタイトルに 「花江ちゃん、やっちゃったね」青春は残酷だ?残酷じゃない?

投稿日:2021/07/29 16:29 更新日:

GLAY・TERUさんがパーソナリティをつとめる毎週水曜日23時から放送のラジオ番組『TERU ME NIGHT GLAY』(bayfm)。7月28日の放送では、GLAYメンバーがハマっていることや、GLAYの新曲『青春は残酷だ』と正反対のタイトルの楽曲の話題で盛り上がる場面がありました。

TERU

(画像:時事通信フォト)

■TERU「6時くらいになると、皆そわそわし始めて…」GLAYメンバーがハマっていることとは!?

ここ最近、ずっと函館のハウススタジオでレコーディングしているというTERUさん。

「レコーディング終わって、その日の夜に釣りをするってことが、今最近ではハマっていて」と、先日も話題に出たGLAYメンバーがハマっている釣りについて語ります。

レコーディングは18時頃に終わるそうですが、TERUさん曰く、函館では19時前から19時半頃まで、魚がよくつれる時間"釣りごろ"とのこと。

TERUさんは、「6時くらいになると、皆そわそわし始めて、そろそろ大丈夫じゃない? って」「みんなで釣り竿持ってバーっと行って、で1時間程釣って、釣れたら釣れたで皆で写真を撮りながら…」と、メンバーで釣りを楽しんでいることを明かしました。

また番組エンディングには、「今回のレコーディングでね…スタジオでレコーディングしていく中で、TAKUROとまたちょっと夢を語りながら…」「ここまで素晴らしいシチュエーションでレコーディングが出来るんだったら、なんかこう船とか欲しいね」と、仕事も仕事後のご褒美としての釣りも充実していたことから、船の購入も考えたことも明かしました。

この話にネット上では、「船も欲しがるTERUさん笑」「TAKUROと船とか欲しいね~って話してた 規模がでかい」「いきなり船欲しがる人々!」「ふ…船ですか!?」と、ファンからは驚きの声が挙がっていました。

■TERU、新曲と正反対のタイトルに 「花江ちゃん、やっちゃったね」青春は残酷だ?残酷じゃない?

リスナーのメッセージから、GLAYの新曲『青春は残酷だ』と花江夏樹さんの楽曲『青春は残酷じゃない』の話題へ。

なんでも、このリスナーは、アニメ『斉木楠雄のΨ難』オープニングテーマで声優の花江さんの1stシングルである『青春は残酷じゃない』という、GLAYの新曲とは正反対の意味のタイトルの楽曲を発見し、興味を持ったとのこと。

TERUさんは、「…花江ちゃん、やっちゃったね、コレね」と冗談交じりに反応しつつ、「夏樹くんはね、何度かお会いしてるんですよ。『ダイヤのA』でも声優やっていたので。それで1回ご飯も食べたことあるし、イベントの時も一緒に参加してくれたことがあるんですけど」と花江さんと面識があることを明かします。

そして、"青春は残酷or残酷じゃない説"については、「検証したいですね、青春は残酷なのか、残酷じゃないのか」とコメント。

続けて、「年齢によるかもしれないですね。僕らはもう50ですけどもね、花江くんは、まだ30くらいでしょ。あと20年もすれば残酷だと感じる日がくるんだよ」とユーモアたっぷりに忠告します。

そんな中、この花江さんの『青春は残酷じゃない』をオンエア。

曲が流れ終わると、花江さんの爽やかな歌声からか「これは残酷じゃないわ…」と吐露し、笑いを誘ったTERUさんでした。

基本的にはGLAY楽曲を流すこの番組で、花江さんの『青春は残酷じゃない』が流れたことで、ネット上では「おぉー!青春は残酷じゃない聴かせてくれるんだ!」「そっちを流すのですね(笑)」「ここで花江夏樹くんの青春は残酷じゃないを流してくれるTERUさん」「かけてくれる最高か」といった声が。小粋な流れに、ファンはテンションが上がっているようでした。

メンバーで釣りにハマっているというエピソードは、ほっこりした方が多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
TERU ME NIGHT GLAY
https://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20210728230000

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.