ガキ使が『神回』と話題!ニセ謝罪会見で見せたココリコ・田中の演技力に絶賛の声

更新日:

6月16日の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)では、「好感度アゲアゲニセ謝罪会見」の模様をオンエア。何か事件を起こした設定で、ニセの謝罪会見に挑む"ガキ使メンバー"が爆笑を生むなか、俳優としても活躍するココリコ・田中直樹さんの姿が話題になりました。

ニセ謝罪会見企画に挑む"ガキ使メンバー"

今回の放送では、芸能人による不祥事とその後の謝罪会見が相次いでいることもあり、"ガキ使メンバー"は、もしもの時のためにニセの謝罪会見に挑戦する企画が実施されます。

記者の追求に臨機応変に対応し、ピンチを逆手に取り、好感度をあげることができるのかが今回の企画のキーポイント。今回、"ガキ使メンバー"にはそれぞれ、浜田雅功さんは「食い逃げ」、遠藤章造さん「経歴詐称」、月亭方正さん「近隣トラブル」、松本人志さんは「露出」という謝罪のテーマが与えられ会見に挑みます。

あくまでもニセ謝罪会見ですが、記者の人数も多く、会見場に入ってくるとフラッシュが激しく焚かれるなど、なかなかリアルな演出がなされた今回の企画。

テーマに関しては、出演者には事前には知らされず、会見で記者の質問の中から知らされるようになっています。コメントの面白さだけでなく、どれだけ臨機応変に対応できるのかが求められる企画でもあるようです。

「無理!」と総ツッコミ?

"ガキ使メンバー"が企画に挑戦する中、高い演技力を見せたのは、俳優としても活躍するココリコ・田中直樹さん。

「下着泥棒」をテーマに田中さんは会見場に神妙な表情で入ってきます。表情から役作りが完璧な田中さんに、浜田さんも「顔いいよ」、松本さんも「やらかしてる顔」とコメント。

田中さんは、「お騒がせして申し訳ありません」と深々と頭を下げて謝罪会見を始めます。記者から「そんなに好みの下着が干してあったんですか?」と、際どい質問で攻められると、田中さんは「一言で言えばそうですね。悪いのはわかっていたけど、結果的に我慢できなかった」と真に迫った言葉で理由を説明。

続いて、盗んだ下着は何に使うつもりだったかという記者の質問に、「自分用といいますか…」と回答。これには、浜田さんから「好感度上がるわけない」と手厳しいツッコミが入れられます。

他にも、自宅で見つかった女性用下着に対して、「何枚か自分で買ったものもある」と、しどろもどろなコメント。厳しい表情で記者の追求にあたふたする姿も本当の謝罪会見を見ているようでリアルです。

最後、田中さんは「犯した罪は仕事で返す」と語ると、他の"ガキ使メンバー"からは「無理!」と総ツッコミ状態になりました。

ココリコ田中直樹の演技力に反響

ネットでは、放送を見た人から、「ガキ使の田中の演技力やっぱり凄かったよ!!!!」「ガキ使のお笑い的なコーナーだけでもわかるココリコ田中の圧倒的な演技力」「ガキ使の謝罪会見シミュレーション、ガチおもろい」「田中めっちゃリアルやん笑」などの声があがっていました。

番組企画という情報がなければ、「本当の会見に見えてしまうのでは?」と思わせる演技力は流石ですね。また、「今日のガキ使は神回」という声も多く、今回のニセ謝罪会見はく永久保存版級の内容だったのではないでしょうか。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.