堂本剛 急なカミングアウト?ファン「その部分は楽しみにしてる」バンドメンバーとの制作秘話を披露

更新日:

毎週土曜日bayfmで22時から放送されている「堂本剛とFashion&Music Book」。今回の放送テーマは「笑いたいのに笑っちゃいけないエピソード」でした。前回が「泣きたいのに泣けないエピソード」だったので、その逆のテーマとも言えます。放送中に紹介されたメッセージで、剛さんのラジオを電車などで聞いていると思わず笑いそうになってしまうというものがありました。それを受けた剛さん「そういう風に言われると、僕もちょっとSな部分あるんで、ちょいちょいラジオでもしょうもない変な話をしていきたいなと思う」と発言。ファンの方ならば公共の場で思わず笑いを必死でこらえる経験も多々あるでしょう。今後もそんな機会が増えるかもしれないと思うと、余計になんでもない話の時にも笑いそうになってしまうかもしれませんよね。ツイッターでは「急なカミングアウト(笑)」や「Sの部分楽しみにしてる」「母性とSな部分を併せ持ってる」といった声も多く上がっていました。

伝わらなさにイライラ?バンドメンバーのやりとりに「笑っちゃいけない」

剛さんにとっての「笑いたいのに笑っちゃいけない」として紹介されたのはバンドメンバーの竹内朋康さんとのエピソードです。竹内朋康さんは、ファンクバンド「SUPER BUTTER DOG」の元ギタリスト。バンドの解散後は数多くのアーティストのプロデュースやレコーディング、ライブなどでも活躍されています。ファンの間でも「竹内くん、竹内先生、タケちゃん」といった愛称で親しまれています。剛さんのバンドメンバーもみなさん強いキャラをもっていますが、その中でも竹内さんは剛さんよりは6歳年上ではあるものの、たびたび“かわいいなぁ”と感じる瞬間があるとのこと。小節を繰り返して続けるメロディーのことを「リフ」というそうですが、以前竹内さんが急にそのリフを思いついたとのことで、その場で演奏。しかし、たくさんいるバンドメンバーから、「すごくいいけどそれ小節のあたまはどこ?」という疑問が生まれ、そのやり取りをしているとだんだんと竹内さんがイライラしてくるらしく「だからぁ!」と徐々に言葉尻もヒートアップしていくそう。そこで、剛さんは途中で「あたまここでしょ?」と仲介に入り、すると「そうそうそう!そこで」とさらにその場で思いついたアイデアを忘れないようにすごい勢いで吐き出し始めるそうです。

バンドメンバーとの素敵な関係にファンも「ほっこり」

しかし、そもそもまだ1回目が分かっていない方たちが疑問を投げかけるらしく、悪循環のように「チッ!あぁ!」となってしまうそうです。譜面に落としてしっかり理解したいという気持ちと、この思いついたときの気持ちでいいものを作りたいという気持ちがぶつかり合って大波乱が起こると語る剛さん。そしてその剛さんはそれをずーっと見ながら笑ってしまうとのこと。「笑っちゃダメなんですけどね、竹内くんめっちゃ怒ってるから。めちゃめちゃ怒ってるから笑っちゃダメなんですけど、かわいいなぁと思って」と楽しそうに話してくれました。ファンも「愛が伝わってきてほっこりした」「竹内さん話、面白かった」「素敵な曲は剛君と素晴らしいバンメンさんで生まれて来るんだね」と好評の様子でした。

不意打ちに気をつけて?

今回は、他にも竹内さんのエピソードが語られ、剛さんも「竹内先生スペシャル」というくらいの放送となりました。何より、バンドメンバーのことを話している剛さんもとても楽しそうで、とてもいい関係が築けている様子を感じるファンが多かったようです。冒頭のメールの通り、剛さんのラジオはふとしたところで笑わせにかかったり、時には深い話に涙が流れそうになることがありますので、ぜひ公共の場で聞くときには気をつけて聞いてみてください。今回の放送もタイムフリーで楽しむことができます。聞き逃した方はチェックしてみてくださいね。
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20190302220000
(文:KinKiKidsライター ドナ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.