「アルフォート」にしか見えない木箱と遠洋漁船の「モンクリ」ネタが話題! #シャーロック

更新日:

10月21日に、ディーン・フジオカさんが主演を務める「シャーロック〜アントールド・ストーリーズ〜」(フジテレビ系)の第3話が放送されました。第3話では事件の謎を解くヒントになった帆船が描かれた箱に注目が集まりました。

(画像:時事通信フォト)

「シャーロック」第3話のあらすじ

渋谷の一等地に佇む空き家で男性の遺体が発見されます。この家は、5年前に起きた地面師詐欺事件の舞台となった場所で、事件後に被害者で不動産会社社長がこの屋敷で自殺をした曰く付きの場所。

しかも、発見された遺体の身元を調べると、地面師詐欺師の一員で、唯一逮捕された吉野正夫(六平直政)だったことが判明。江藤礼二(佐々木蔵之介)はつまらない事件だというものの、事件に興味を持った誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、若宮潤一(岩田剛典)と共に捜査に協力することになりますが…。

事件の鍵を握る箱に「アルフォート」にしか見えないの声

今回、獅子雄と若宮が挑むのが、原作でホームズの宿敵として登場する"犯罪界のナポレオン"ことモリアーティ教授を彷彿させる守谷(もりや)という謎めいた人物。守谷が裏で手を引く、5年前に起きた地面師詐欺事件を解明します。

ドラマでは、この事件で詐欺師の一員だったものの殺された吉野正夫(六平直政)が残したダイイングメッセージをヒントに獅子雄と若宮が鮮やかに事件を解決するところが見ものとなっています。

特に、印象的なアイテムとして登場したのは、吉野が5年前の地面師詐欺事件の証拠の写真として残した木箱。この木箱には帆船が描かれていて、原作の「シャーロック・ホームズの思い出」に収録されている「グロリア・スコット号事件」を象徴しているところは、面白いシーンではないでしょうか。

ちなみに、「グロリア・スコット号事件」に登場するジャック・プレンダーガストにかけた「プレンターハウス」という不動産会社が劇中に登場するのも原作へのオマージュになっています。

一方で、ネットでは、この帆船が描かれた木箱に対して「アルフォートの箱が事件解決の鍵でしたね(語弊)」など、チョコに帆船が描かれるお菓子の「アルフォート」にしか見えないというツッコミの声が上がっています。

遠洋漁船の「モンクリ」ネタが話題

放送を見た人からは他にも、ネットに「遠洋漁船乗組員ってモンクリきたー」「漁船で犯罪に誘われるまたモンクリネタw」などのコメントが上がっています。

殺害された吉野は元遠洋漁船の乗組員というディーン・フジオカさんが主演を務めた「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐― 」の主人公を彷彿させる設定。しかも、小ネタと思いきや、遠洋漁船の乗組員という設定が吉野の残したダイイングメッセージを解く鍵になっています。

原作へのオマージュである木箱の帆船、そして、「モンクリ」ネタの遠洋漁船の乗組員という設定が、それぞれ、事件の謎を解く鍵になっている脚本が素晴らしいので、このドラマに惹き込まれる人が多いのかもしれませんね。

また、このドラマでは、夜景をバックにバイオリンを奏でるシーンなど、ディーンさんの見せ方も作り込まれていて、ネットでは「突然ヴァイオリン弾きだすおディーン様とか最高やろ!」「バイオリン弾くディーンさんエロすぎ」など、ディーンさんの映像美に圧倒されるコメントも次々に上がっています。

ストーリーも映像も音楽も全てを楽しめる作品になっているので、見ていない人はぜひ見逃し配信で見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0041273
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.