DAIGO 夫婦で"番宣"し合ってる疑惑に「そもそも僕…」回答が面白すぎると話題「嵐にしやがれ」

更新日:

2日放送の日本テレビ系バラエティ番組『嵐にしやがれ』にタレントのDAIGOさんが出演。妻で女優の北川景子さんの日常にまつわるエピソードや祖父の竹下登元総理の意外な素顔を明かしました。DAIGOさんの華麗なる家族秘話にネット上では話題になりました。

ユーモア溢れる北川さんの日常を暴露


番組では、「DAIGO記念館」と題しDAIGOの半生を振り返り、北川さんとの日常を明かす場面もありました。嵐・二宮和也さんが「今、(北川が)ドラマやっていたりするわけでしょ?そういう時ってどういう(生活)サイクルなの?」と質問。すると、DAIGOさんは「今、『家売るオンナ』(日本テレビ系)っていうドラマをやっていて、基本的には僕の方が早く帰ってきて。僕は『家いるオトコ』になるんですけど」と自虐ネタで笑いを取りました。そして、「帰ってきたら役柄を引きずっている時があるのか、つかつか入ってくるじゃないですか。急に(ポーズを)やり出して、『電球が切れてる』って」と自宅でのユーモアな様子を明かしました。

何気に『家売るオンナの逆襲』の番宣をするDAIGOさん

そんな“のろけトーク”が展開される中、嵐・櫻井翔さんは「20年近くこの世界にいて、自分がちょっと汚れてしまったのかと思っているんだけど、質問していい?」と前置きしながら、「えっ? DAIGOくんは『家売るオンナ』の番宣で来てるの?」とツッコミを兼ねて質問。スタジオは大爆笑となりました。さらに、メンバーの松本潤さんが「それって景子ちゃんもそうじゃない?俺らの番組に来てくれた時に、すごいDAIGOくんの話するのよ。だからその関係がいいよね」と仲睦まじいDAIGO夫妻を絶賛。すかさず、DAIGOさんは「そもそも僕もフィーチャリングおじいちゃん(竹下登 元内閣総理大臣)で出てきてますから、ファミリーで…」と満面の笑みを浮かべていました。ネットでは「フィーチャリングおじいちゃん面白すぎ」と話題になりました。

竹下元総理のお茶目な一幕

さらに、竹下元総理についても触れ、1987年に第74代内閣総理大臣に任命された後、帰ってきた時の第一声が「アイム ソーリー、僕総理」だったことを暴露。またこのダジャレについて「総理大臣にしか許されないギャグ」と説明。二宮さんから「冗談とかジョークとか言う方だった?」と聞かれると、DAIGOさんは「テレビではあんまりそういう部分は見せなかった」としながら、竹下元総理がオナラをしたときの話を披露。DAIGOさんによれば、祖父は「迷惑かけちゃいけない」と言いながら、「ス~ッて(鼻で)吸い込みだした」と振り返りました。そんなDAIGOさんですが、ロッカーとしての下積み時代、髪を金色や青に染めるなど現在とはイメージの異なるキャラだったそうです。その頃、竹下元総理にライブビデオを見せ終えたあと「どうだった?」と感想を聞くと、「どれがDAIGOだか分からん」と、最後まで認識できなかったと当時を回想していました。このエピソードに「和やかな家族でうらやましい」「竹下家の人柄が人気の秘訣なんだろうな」などといった温かいメッセージが寄せられました。

「素敵で憧れの夫婦」と絶賛の声

DAIGOさんのこれらのエピソードにネット上では「素敵で憧れの夫婦」「笑いの絶えない家庭なんだろうな」「2人の思いやりが伝わる」などといった歓喜の声が数多く寄せられていました。次週、9日(土)放送の『嵐にしやがれ』のゲストには千鳥が出演する予定です。こちらも楽しみにしたいですね。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.