板東英二が"ヤバめ素人"乱入で放送全カット?神対応の"ミスターちん"とのコントラストが話題「水曜日のダウンタウン」

更新日:

6月12日放送のTBS系「水曜日のダウンタウン」では、番組が用意した"ヤバめ素人"が中継先に乱入した時に、ベテランリポーターがどのように対応するのかの検証を実施。とりわけ、ミスターちんさんと板東英二さんの対応の仕方が真逆すぎると話題になりました。

"ヤバめ素人"に感謝されるミスターちん

「中継先にヤバめ素人が現れてもベテランリポーターなら華麗にさばける説」の検証を実施した12日放送の「水曜日のダウンタウン」。これは生中継中に素人が番組に乱入してきたら、リポーターはどのように対応するのかを検証するもので、リポーターとしての腕の見せ所が問われる企画。

この中で人柄の良さが滲み出たのがミスターちんさん。中継先に投入された"ヤバめ素人"がカメラの前に立って邪魔をしてきても、「お父さんごめんなさい、撮影中なんで」と目を見て笑顔で対応するミスターちんさん。それでも、"ヤバめ素人"がしつこく絡んでくると、「お父さんどうしたの?大丈夫?」と中継を邪魔されてるのに、むしろ相手を気遣う優しさを見せます。

さらに、"ヤバめ素人"をミスターちんさんから引き離すスタッフに「雑に扱わないで」と声をかけるなど人柄の良さが1つ1つの言葉から滲み出ることに。さらに番組では、釣りをしている人へインタビューをしている最中に"ヤバめ素人"が川から上がってくるというホラーなシチュエーションを用意しますが、"ヤバめ素人"に「タオル、タオル」と気遣うなど、親切なミスターちんさん。

ミスターちんさんにネタバラシすると、"ヤバめ素人"役の仕掛け人は「僕も優しすぎて泣きそうになりました」と感謝されることになります。

放送NGになった板東英二

最後まで親切だったミスターちんさんとは対照的な反応を見せたのが板東英二さん。例のごとく、"ヤバめ素人"を投入すると押してカメラに映らないようにするなど、やや強引な対応を見せます。

そして、検証結果は「恐らくOAでは坂東全カット」という表示が出て、実際の放送でも坂東さんのパートは放送されずに終わります。スタジオから「これ流しちゃいけないやつ」という声が出ていたことから推察すると、何か暴力的なことを行った可能性も。

この坂東さんの対応について、さまぁ〜ずの三村マサカズさんは、「ある意味しようがないかも」と理解を示すコメントをツイート。ちなみに、坂東さんは同番組の別のドッキリ企画でバイきんぐ・小峠英二の頭を叩くシーンが登場したこともあり、スタッフも放送NGになるかはともかく、怒った時の坂東さんについて知った上で今回の企画を実施した可能性は高いですね。

ミスターちんと板東英二のコントラストに反響

ネットでは、放送を見た人からは、「絶対収録の順番的には板東英二→ミスターちんだよな」「水曜日で好感度爆上がりのミスターちんと、やばい方の伝説を作った板東英二」などの声があがっていました。"ヤバめ素人"役の方のミスターちんさんへの感謝の仕方を見ると確かに、先に坂東さんと収録を行い、その後でミスターちんの優しさに触れたから、あの言葉がでたという仮説は納得。

また、他には「東京丸・京平→おぼん・こぼん、ミスターちん→板東英二の流れはハートフル→バイオレンスの鉄板リレー」という面白い意見もありました。ミスターちんさんの優しさを見た後だから、放送NGになった坂東さんのVTRはより鮮烈な印象を残す結果になりましたが、1番インパクトが残るように番組を構成する藤井健太郎プロデューサーの演出は流石だったのではないでしょうか。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.