ローラ、"3日間の高校生活"で最後は号泣!「ちょっと高校の時、寂しいなと思ってたから…」 #バクスク

更新日:

1月29日放送の「BACK TO SCHOOL!」(フジテレビ系)に、モデルのローラさんが出演。3日間の"転校生"として、高校生たちと地域おこしの新名産品作りに挑戦し、最後は高校時代に抱いていた本音を明かして涙する一幕がありました。

■ローラ、愛媛県の高校にBACK TO SCHOOL!

冒頭で、「高校時代の思い出があまりない」と語るローラさん。

「早く起きて、4時とか。始発に乗って(モデルの)撮影に行ってた。そのあと学校に行って授業受けて、帰ってすぐにアルバイトを夜10時くらいまでして……」と、当時を振り返りました。

そんなローラさんが女子高生の制服姿で "転校" したのは、四国最西端・佐田岬半島にある愛媛県立三崎高校。過疎化が進んだ、限界集落の愛媛県伊方町にある高校です。

人気モデルであるローラさんの登場に、歓声を上げる生徒たち。ローラさんは「今日から転校してきたローラです!」「みんなといっぱい経験をして、楽しい思い出が作れたらいいなと思います!」と挨拶しました。

番組では、国語で一緒に俳句を考えたり、体育のドッチビー対戦で盛り上がるなど、ローラさんとクラスメイトたちが打ち解けていく姿を紹介。

喫茶店では "恋バナ" に花を咲かせ、ローラさんは学校生活を満喫している様子でした。

■ローラプロデュースの新しい特産品作りに挑戦

一方で、地域おこし活動が盛んな三崎高校。

生徒が「ローラさんと一緒に新しい特産品を作れたら……」とお願いすると、ローラさんは「もちろんいいよ! 大好き! 地域のもの!」と応え、明るいローラ節を炸裂させます。

町を巡って新名産品のヒントを探す中、ローラさんが気になったのは伝統工芸の"裂織り"。この裂織りで新しい名産品を作ろうと考えたようです。

ローラさんとクラスメイトは家々を回って生地を譲り受け、はた織り機に悪戦苦闘しつつも、みんなで裂織りを作っていきます。

ローラさんは「この楽しさを若い子たちもいっぱい知ったらいいね!」とすっかり気に入った様子。

そんな中、三崎高校について「本当にファミリーみたいで温かい学校だなって感じた」と話すローラさん。

すると生徒は、「ローラもファミリーのひとり」と笑顔を向け、ローラさんが「そんなロマンチックなこと言うなんて……」と感激する一幕も。

そして、完成したローラさんプロデュースの新名産品はヘアアクセサリーのシュシュ。可愛らしい仕上がりに、生徒たちは大満足の様子です。

さらに、番組の中で恋愛相談をしていた奥手な生徒を呼び出したローラさん。

「今から願いを込める」と言ってシュシュを握りしめると、「彼と会う時に、このシュシュをお守りとして髪の毛につけて行って。頑張ってね!」とエールを送りました。 

■ローラ、"3日間の高校生活"で最後は号泣!「ちょっと高校の時、寂しいなと思ってたから…」

3日間の高校生活を終えたローラさん。最後には生徒たちからお別れの言葉が贈られました。

生徒は、「ローラが来て、みんなを明るくしてくれて楽しかったです。また一緒に学校生活を送りたいなと思います。またいつでも……三崎高校のファミリーだから」と涙ながらに挨拶。

ローラさんは「大自然、山とか森の奥にある学校で。みんなの心に余裕があるっていうか、心から笑ってる人がたくさんいるなって感じたの」と印象を語ります。

そして「私が高校に戻った気持ちになって。勉強もすごい楽しかったし、大自然の中で家族みたいに授業を受けるのは夢だったから、ずっと。ちょっと高校の時、寂しいなと思ってたから……」と涙を溢しながら想いを明かしました。

最後には「みんなとファミリーみたいな感じで過ごせたのは一生忘れないし、みんなが楽しい夢を追いかけてハッピーになっていく姿を見たいなーってすごく思った」と笑顔でお別れしました。

ネット上には、「ローラ心が綺麗。感動した」「お別れの場面私も感動して泣いちゃった」「ローラちゃんは、どんな場所やどんな年代の人たちとでも、すぐ仲良くなる素晴らしい人」「ハッピーの裏には苦労があるんだろうな」「ローラと学生のやりとりめっちゃ楽しかった」との反響が上がっています。

「忘れてる何かをまた取り戻した感じがする」と語ったローラさん。生徒たちと過ごした時間はかけがえのない思い出となったようです。

(文:MAIKO)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.