マツコ「あれが芸能だよ」嵐コンサートに行った有吉の感想にファン歓喜「かりそめ天国」が話題

更新日:

5月9日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」で、有吉弘行さんが嵐のコンサートに行った際、差し入れすべきかどうか悩んだが事を明かし話題になっています。

差し入れ問題を議論するマツコ&有吉

この日、視聴者からは「手みやげや差し入れってその場で開けていいものなのでしょうか?」と質問が届きます。その場で開けて良いか悩む所ですがマツコさんの回答は「その場で開けても構わない」。一方で、有吉さんは「自分のセンスを疑われるためその場で開けてほしくない、せめて家に持って帰って1人で開けて欲しい」とのこと。

センスが悪かったら1人に笑われるのもみんなに笑われるのも一緒ではとマツコさんから質問が飛ぶと、有吉さんは「みんなに笑われるのが嫌」と即答。差し入れをその場で開けてもいいのかについて、2人の意見が分かれる事になります。

嵐のコンサートに差し入れを届けるべきか悩む有吉

このトークの流れから、有吉さんは番組で共演する櫻井翔さんが所属する嵐の東京ドームのコンサートに行った事を明かしました。この時、差し入れを持って行くべきかどうか、悩んで後輩に相談したとのこと。

「『リポビタンD』持っていかなくていい?」と後輩に尋ねた様子を笑いを交えつつ語る有吉さん。この時は、最終的に差し入れは持っていかなったそうです。ちなみに、マツコさんも同じようなケースでは、差し入れしても邪魔にならない「水とか」を持っていくとのこと。「リポD持っていかなくって良かった」と自虐的に話す有吉さんは、嵐のコンサートを見た時の感動を「震えた」という言葉で表現。

普段あまりコンサートやお笑いのライブを見に行く機会も少ないと話す有吉さんですが、嵐のコンサートは格別だったようで「コンサートってこんなになってんだ」と最新のコンサート演出の凄さに驚いたとコメントしました。

「あれが芸能だよ」アーティストを絶賛

この言葉を聞いて、マツコさんも「私たちバラエティ畑の人間はやっぱり音楽って凄いよね、あれが芸能だよ、音楽が1番」と話を合わせます。続けて有吉さんは「あれだけのお客さんを相手にして、あれがスターだよね、歌を歌ってる人たちが」と何万の観客を相手にする嵐の凄さを力説しました。

お金も時間もかけたものが芸能と語るマツコさんにとって、「音楽、舞台、映画、ドラマ、報道、スポーツ」ときて、その後に自分達の主戦場となる「バラエティ」がくると自虐を交えつつコメント。芸能界のトップにいる有吉さんマツコさんでも感銘を受ける1流アーティストのすごさが実感できる内容となっていました。

嵐のファンからは"リポD喜ぶよ"の声

ネットでは、放送を見た人から、「リポD持ってってほしいよ、有吉さん」「有吉さん、嵐はリポDでも喜んでくれたと思うよ、あのコンサート空間に感動しない人はいないよね」「長く番組一緒にやられてる有吉さんから、やっぱりすごいよねって言葉が聞けて嬉しかった」「リポD、せっかくなら差し入れしていただいて、その話を嵐がどこかの番組で話すのも聞きたかったですけどね」などの声があがっていました。

差し入れについてファンは、話のネタとしておいしかったのにと思う人が多かったようですね。有吉さんから直接、嵐のコンサートを体感した事の感動を聞けたのはとても貴重だったのではないでしょうか。番組は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみて下さいね。
https://cu.tv-asahi.co.jp/watch/1516?official=1
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.