ドラマ「あなたの番です」竹中直人の怪演が"えげつない"と話題「世にも奇妙な物語」のタモリを彷彿?

更新日:

原田知世さんと田中圭さんがW主演する連続ドラマ「あなたの番です」の放送が4月14日から始まりました。初回の放送では、新婚夫婦が暮らす事になったマンションの管理人を演じる竹中直人さんの怪演に注目が集まっています。

テーマは“交換殺人”?不気味な世界観が話題の「あなたの番です」

14日から放送が始まった原田知世と田中圭さんW主演の連続ドラマ「あなたの番です」。ストーリーを紹介すると、物語は15歳差の新婚夫婦の手塚菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)が、とあるマンションにやってくるところから始まります。引越し早々出会ったマンションの住民達もいたって普通の人達で、「思い切って買って良かった」と安心する手塚夫妻。そんなある日、マンションの管理人・床島比呂志(竹中直人)の呼びかけで住民会が行われる事になります。住民会の議題は誰がゴミ置き場の清掃係を務めるかだったのですが、途中で、床島が「人間誰しも、アイツ殺したいなあと思う瞬間がある」と気味の悪い言葉を吐き出します。

すると、ミステリー小説好きの菜奈は「殺人事件では、警察は動機のある人間を調べるので、すぐに捕まってしまう」と床島に語りかけます。確かにと住民は納得するのですが、“交換殺人”なら警察の追求を逃れられるのでは?という意見が飛び出し、床島の提案もあり住民達は、自分が殺したいと思う人間の名前を紙に書くことに。住民会の後、不思議な事があり、最後に大きな事件が起こるというのがドラマ1話の見所となっていました。

「世にも奇妙な物語」のタモリを彷彿させる?竹中直人の怪演が話題!

ドラマ1話で竹中直人さんは、管理人の床島を演じる一方で、ドラマのストーリーテラー役を演じます。ストーリーテラーが使われるドラマは少ないですが、わかりやすく有名なのは「世にも奇妙な物語」のタモリさん。物語冒頭に登場して、これから始まるストーリーの登場人物とテーマをナビゲーターのように紹介する役割になります。

「あなたの番です」1話冒頭で竹中さんは、暗闇の中にワンポイントで当たるスポットライトの中に登場。しかも、サングラスこそかけていないものの、黒いネクタイにスーツ姿といった出で立ちで、「あなたには殺したい人はいますか…」という問いかけから物語が始まる構造になっています。映像の印象は「世にも奇妙な物語」のタモリさんのパートと似ているところがあります。

また、ストーリーテラーの一方で、竹中さん演じる管理人の床島も気味の悪い人物。引越し早々に菜奈達の部屋に無理やり入ると、室内の写真を撮り、隅々までチェックする失礼な行動をします。他にも、床島はゲームと言いつつ、自分が殺したい人の名前を書いて住民同士がクジのように引くゲームを提案するなど何かと不気味なキャラクター。そんな床島のピリピリした雰囲気を竹中さんは見事に演じて、名優としての力量を発揮しています。

SNS上でも竹中直人の怪演に反響

ネットでは、放送を見た人から、「竹中直人の怪演えげつねぇな…」「管理人役の竹中直人さんが怪演すぎてキャラクター濃すぎ。竹中さんしか頭に入ってこない」「あなたの番ですの竹中直人、世にも奇妙な物語のタモリさん意識でしょ絶対って思って検索したら同じこと思ってる人いて草」などの声があがっていました。やはり、ドラマ1話のハイライトは竹中さんの怪演と考える人が多いようですね。ちなみに、全体的に不気味な世界観が特徴のドラマですが、冒頭の最後「竹中直人でした」と締めくくる所は、シリアスな中にもクスッと笑えるシーンになってます。
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.