『あな番』森下亮に"心のケア"必要?本人は「撮影はめちゃ楽しかった」 #あなたの番です が話題

更新日:

田中圭さん主演のドラマ「あなたの番です ‐反撃編‐」(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第15話が、8月4日に放送されました。今回は、以前の放送で死亡が確実視されていた主婦・児嶋佳世(片岡礼子)の遺体が衝撃的な形で発見され話題を集めました。

「あなたの番です ‐反撃編‐」第15話のあらすじ

手塚翔太(田中圭)は、北川澄香(真飛聖)の息子・北川そら(田中レイ)を連れ出し、殺そうしていた榎本総一(荒木飛羽)を見つけ出し、間一髪のタイミングで殺人を防ぎます。

その頃、翔太に協力的な黒島沙和(西野七瀬)が駅のホームから突き落とされ、命はとりとめたものの、重体で集中治療室に入ることになります。新たな被害者が出たことで動揺を隠せないマンションの住人たち、新たなにマンションにやってきた南雅和(田中哲司)が、自分が事故物件住んでみた芸人として活動していることを明かします。

連続殺人事件を茶化す南を見て、妻・菜奈(原田知世)を失った翔太は怒りを隠せません…。

口に笑みを浮かべる児嶋佳世の遺体

過去の放送で、右足だけ発見された児嶋佳世(片岡礼子)。第15話では翔太と同じマンションの住人・佐野豪(安藤政信)が働く食肉加工所の冷凍庫に吊るされるという衝撃な形で遺体が発見されます。

しかも、その表情をよく見ると佳世はうっすらと笑みを浮かべています。新婚の手塚翔太・菜奈夫妻が引っ越してきたマンションで、交換殺人事件ゲームに巻き込まれるのがそもそもの物語のスタート。

そこから、次々にマンションの住人が殺されて行くのですが、特に、物語のキーとなるのが口角が上がり笑みを浮かべて死んでいる遺体。翔太の妻・菜奈を始め、これまで赤池夫婦(峯村リエ・徳井優)、浮田啓輔(田中要次)、児嶋佳世(片岡礼子)が口角をあげ笑っているような状態で殺されていました。

ちなみに、マンションで起こった殺人の全てを同一犯が行っているわけではありませんが、物語のキーとなる翔太の妻・菜奈を殺した真犯人のヒントが笑みを浮かべた死体になります。

また、第15話のラストシーンでは、凄惨な死体でもう1人、口角が上がっている死体が発見され、視聴者に衝撃を与えることになります。

フィクションでも「お気の毒」と同情の声

ネットでは、放送を見た人から、ドラマで死体の発見者になった森下亮さんに、フィクションであるのにも関わらず同情の声が。戦慄の遺体発見シーンについて、「今回、終盤で怒涛のホラー映像ラッシュ(笑)。特に児嶋さん怖すぎた発見者さん本当にお気の毒様です……」「児嶋さんパッタイの第一発見者になっちゃったお兄さん絶対トラウマになるでしょ…」「児嶋さん流れてくるシーン凍った死体が自分の方に流れてくるって考えただけでも発見者の人に同情しちゃうわ」などの声があがっていました。

戦慄の遺体発見シーンに"心のケア"必要?本人は「楽しかったです」

死体で発見された佳世を演じた片岡礼子さんは、「怖い思いしました」とドラマのストーリーに合わせたコメントをTwitterに寄せました。

また、佳世の死体第一発見者になった森下さんは、「恐怖のシーンでしたが撮影はめちゃ楽しかったです」と、撮影現場の裏側についてコメント。さらに、「まずはこの方の心のケアをして頂きたい」といったツイートに森下さん本人が反応するなど、盛り上がりをみせました。

ちなみに、Twitter上には、今回の死体発見シーンに合わせる形で、「児嶋足から上第一発見者bot」というユニークなアカウントもたちがっています。

ドラマは見逃し配信もあるので、気になった方は見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0037854

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.