ドラマ「3年A組」の伏線回収が"すごい"と話題!片寄涼太の3年A組朝礼体操も"最高"の声

更新日:

菅田将暉主演「3年A組」の3話での新事実判明に”伏線の回収の仕方がすごい”の声!

1月20日に第3話がオンエアされた菅田将暉さん主演のドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」。3話では生徒を人質にした美術教師・柊一颯と警察との攻防が描かれましたが、物語の最後に新事実が判明、伏線の回収の仕方が秀逸だと話題になっています。

画像は番組公式予告動画より

盗聴器や内通者をめぐって緊張状態「3年A組―今から皆さんは、人質です―」3話

卒業まで残り10日となった魁皇高校3年A組の29人の生徒を人質にとった柊一颯(菅田将暉)は、30人分の食事を警察に要求。彼に食事を渡すために、警視庁理事官である五十嵐徹(大友康平)が柊と対峙。盗聴器があることに気づいた柊はそれを破壊、2人の会話を盗聴していた警察は動揺を隠せません。けれども、五十嵐は柊の警察の中の内通者でわけあって彼に協力していることが判明します。食事を無事に受け取った柊は生徒たちを集めて3日の目の授業を開始。この日のテーマは、自殺した景山澪奈(上白石萌歌)の陥れたフェイク動画を撮影した生徒は誰なのかを探すというもの。しかもこの動画は郡司真人(椎名桔平)ら警察にもスマホで中継されていて、柊は生徒ではなく警察に20時までに動画の撮影者を見つけるように命令。もし、ミッションが失敗すれば教室内の5人の生徒の命を奪うと伝えます…。

片寄涼太のキレッキレのダンスが話題

「3年A組」で人気になっているのが、2話の冒頭で生徒たちが踊っているダンスのシーン。シリアスなドラマのはずが、全員笑顔で“朝の体操”でダンスを踊るギャップが面白いと注目を集めました。ちなみに、生徒役の俳優さんたちが、ダンスを踊る動画もSNS上で公開されています。そうした中、3話に合わせてダンス動画が公開されたのが、甲斐隼人役の片寄涼太さん。GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーでもある片寄さんのキレッキレのダンスは劇中でも評判になっていましたが、SNSにダンス動画投稿され、「りょうたくん最高最高最高」などファンからも喜びのメッセージが寄せられています。

新事実判明のラストに"伏線の回収が見事"の声

ドラマ3話のラストでは、思わぬ展開が待ち受けます。ドラマ初回で柊によって殺されたと思われていた中尾蓮(三船海斗)が生きていたことが判明したのです。中尾が生きていたという事実には伏線があり、ドラマ初回で中尾が死んで本来なら生徒は28人になっていたはずでした。けれども、柊はあえて30人分の食事を要求。「30人」というワードを使うことで自分も含めてまだ誰も死んでいないことを間接的に伝えていたのでした。ミステリードラマらしい脚本の妙には、「おにぎり30個の所でみんな生きてるんだって伏線回収した人すげえと思った」などのコメントが寄せられています。中尾の殺人のシーンはショッキングでしたがが、生きていたことが判明し、安堵の声も出る一方、柊の本当の目的は何か?という謎が深まった印象もあるよう。真相がどのように明かされるのかが楽しみですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.