武智先生の突然のキャラ変に"実は二重人格?"など憶測が止まらない!「3年A組」の7話が話題

更新日:

菅田将暉さん主演の学園ミステリー「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の7話が2月17日に放送されました。7話では亡くなった景山澪奈(上白石萌歌)の死の原因となったフェイク動画をめぐり、物語の核心に新展開が見られ反響が寄せられています。

「3年A組」7話のあらすじ

亡くなった景山澪奈(上白石萌歌)の死の原因となった、彼女がドーピングする様子を写したフェイク動画。このフェイク動画を半グレ集団ベルムズに依頼した犯人として、柊一颯(菅田将暉)から名指しされたのは学校の人気教師・武智大和(田辺誠一)でした。まさか、自分が名指しされるとは思わなかった武智は疑惑を全面否定。けれども、武智が犯人であると確信した柊は、夜の8時までにすべての罪を自白することを要求。もしこれを聞き入れなければ、武智にとって「一番大事なもの」を奪うと宣言。武智に揺さぶりをかけます。一方で、学校に閉じ込められた柊の教え子たちは、亡くなった日、澪奈が「フェイク動画の犯人に会いにいく」と告げた動画を入手。さらに動画を探すうちに、防犯カメラ映像とみられる動画に澪奈と一緒にいる怪しい男の姿を発見します。そうした中、武智について調べるうちに彼には大学の推薦入学に関する黒い噂があるとの情報が…。

「3年A組」7話の見所は柊VS武智

ドラマ7話の見所はフェイク動画を依頼した犯人と名指しされた武智と柊のバトル。劇中で3年B組の担任で数学教師として登場する武智は、本を出版したりテレビコメンテーターを務めるなど、メディア受けの良いカリスマ教師として描かれます。一方で、ナルシストで空気の読めない言動も多いこともあり、周りの教師達から煙たがられる一面も。そんな、武智の裏の顔が物語が進むごとに明らかになり、最後は柊と直接対決する見せ場がまっています。放送を見た大塚愛さんも「びっくりしたがな!」とコメント。人質に取った生徒達と柊が行う「朝礼体操」が以前話題になりましたが、7話で彼に対抗するように武智も「朝礼体操」を行うシーンが劇中に登場。「武智先生49歳やのに朝の体操のダンス頑張ってて可愛い」など、シリアスな中の笑えるシーンになっています。

武智先生のキャラ変の理由は二重人格?

7話の劇中では、意味深なシーンが登場します。それは、カメラが突然、武智の視点に切り替わると彼の視界がグルグルとうねり出し意識がもうろうとするというもの。その前後で、武智のキャラが豹変することもあり、これについて「武智先生は二重人格だと思うなぁ」「武智先生、なんか二重人格とかそういう感じ??視界歪むのなんで」などの指摘が相次ぎます。他にも、「武智先生の視界の歪みは薬物?結婚指輪してた気もするし」という意見も。武智の視界が歪むシーンの真相は7話では明らかにならなかったこともあり、これが波紋を呼んでいるようです。二重人格説も含めて、新たな謎が視聴者に提示され、これまでの伏線が最終的にどのように回収されるのか俄然注目が集まることになりました。今回はラスボスの有力候補だった武智をあえて7話でピックアップしたところが、面白かったですね。視聴者の想定の上をいってやるという作り手の意気込みを感じました。ドラマは見逃し配信もあるので見逃した方はぜひ見てみてくださいね。
見逃し放送:GAO!
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.