花火大会公式「中止は取材殺到するのに…」嘆きのツイートと大喜利が話題

更新日:

台風の影響で7月28日の開催予定を取り止めた「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」ですが、開催時期を11月23日にスライドしての再度開催が決定。せっかく後延期の日程が決まったのにメディアで取り上げてくれないというぼやきが話題を集めています。

画像は公式ページより

延期の日程が決まったのに「全く取り上げてもらえない」と嘆きのツイート

2018年7月28日に東京都立川市で開催予定だった「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」は、台風接近のため中止を発表。さらに台風の影響が残る心配のあった29日の予備日の開催も断念しました。今年は開催されないのかと思いきや、11月23日の勤労感謝の日に国営昭和記念公園(立川市緑町)で開催されることが発表されました。

真夏から晩秋に時期をずらしての開催となりましたが待ち望んでいた人たちからは歓喜の声があがる一方、延期のニュースはメディアに「全く取り上げてもらえない」という現状も露呈されてしまうことになりました。公式アカウントによると、台風の影響で中止になった時は、ニュースで大きく取り上げられテレビ局からたくさん取材がきていたようですが、「今回の開催はお願いしても全く取り上げてもらえないさみしさをこっそりここでグチる」と“ぼやき”のツイートをしています。

「リベンジ花火」「立川まつりを止めるな!」新ネーミング募集で大喜利状態に♡

「立川まつり 国営昭和記念公園花火大会」は今年は60回目の節目を迎え、例年にも増して各企業から協賛金が集まっていました。また、楽しみにしていた人からの再開催の要望も多く、そのため、中止する予定を変更して11月23日に再開催することを決定しました。このことを多くの人に知ってほしいと主催者アカウントは告知ツイートをしましたが、多くのメディアでは取り上げられなかったようです。ただし、悲しんばかりもいられないとツイッターで新ネーミングを募集したところ、大喜利のような状態に。「リベンジ花火」から始まり、話題の低予算ヒット映画「カメラを止めるな!」にちなんだ「立川まつりを止めるな!」など盛り上がりを見せています。

新ネーミングの盛り上がりも気になりますが、11月23日国営昭和記念公園で約6000発の花火が打ち上げられる予定ですので、興味がある人はぜひ参加してみてくださいね♡

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.