美容整形は人を幸せにするのか?「心に突き刺さる」整形女性のリアルな言葉。

更新日:

美容整形経験のある女性によるツイッターアカウント、いわゆる「整形垢」は「美容整形」を経験する女性によって経過報告や情報共有などをしています。そして、「美容整形」によってメンタルがどのように変化していくのか、またなぜ自身は美容整形をせねばならないのかなどが赤裸々に綴られています。あっという間にフォロワーが増えていくアカウントも多く人気が出ると1ヶ月あたり数千規模でフォロワーが増えていくこともあるほど。また、「整形お姉さんの垢すごい胸に響きますね」といった反応があるなど、その内容は人々の心を動かす何かが詰まっていました。

国際美容外科学会が発表した2016年「もっとも美容処置が行われた国」の調査レポートによると日本は世界3位にランクイン。1位アメリカ2位ブラジルとなっていて、3位の日本では年間約114万件の美容処置が行われているとのこと。(脱毛も調査対象になるため、脱毛件数によって数値が高まっているとしても、「顔と頭」に関する処置で4位にランクインしています。)

日本は意外にも整形大国でした。女性たちにとって「美容整形」がどんなものであるのか、整形アカウントの意見から見えてきた「美貌」と「女性の幸せ」についてのリアルで「胸に響く」言葉をまとめてみました。
整形の経験に問わず女性なら他人事には思えないリアルで心に突き刺さる生の声は、切実で、どこか逞しさに溢れています。

自分より可愛い子を見たくない

整形アカウントは超直球…「自分より可愛い女は全員顔面燃やしたい」

「可愛い子を見た瞬間に全部全部吹っ飛んでパニックになって後は自らピエロになる」

「私とあの子で比較されたら」

可愛い人の前では自分なんて無価値になる。

女の子の言う「可愛い女の子が好き」なんて嘘だという意見が整形アカウントでは多くみられます。「好き」どころか一緒にいたくない、見たくない、同じ場所に居合わせると死にたくなるという意見。これは、ある意味、女性の本音かもしれません。その時、女性たちは自分の心をどこに置いたらよいのでしょうか。

美人じゃなきゃ人生になんの意味も見出せない

「あの子に負けたくない可愛くなりたいあの人に認められたい」

「人生は毎日美人が勝つように出来てる」

「元カノに負けたくないから」

「美人じゃなきゃ生きてたって楽しくないし人生になんの意味も見出せない」

可愛くなって好きな人に振り向いてもらいたい、女性なら誰もが思うこと。「恋」はただでさえ、苦しさや切なさが伴うもの。そのうえ、嫉妬心ややるせなさにどんどん自身の心の弱みに向き合わざるを得なくなる。つらい恋を経験したことのある女性なら、分かるのではないでしょうか。
「美人にならなければ振り向いてもらえない」、元彼女やライバルに勝つためには今より「可愛く」なければならない、そう強く思うことで「恋」をより辛いものにしていきます。また、「人は外見ではなく中身」という理論に反して「美人」なだけでイージーモードを歩む女性たちを目の当たりにするたびに「顔」のせいで損しているのではという苦悩がチラつきます。人を羨む気持ちや嫉妬心が自分自身を苦しめていることも自覚があるからこそ悩みは一層深刻になっていきます。

「こんなに人生は楽しいんだ」整形して最初に感じること

「整形して本当に良かった」

「今まで生きて来た中で一番人生楽しい」

「好きな人に可愛いって褒めてもらったときここまで顔面課金してきたことを心からよかったと思えた」

整形をした後に、やって良かったという思う女性は多いようです。「良かった」「普通の顔で生まれ」たらこんなに「人生楽しいんだな」と高揚感に溢れるようです。整形をしたことがない人でもメイクや髪型をガラッと変えて周囲の反応がこれまでと全く違ったものになった時、「人生は楽しい」と高揚感に舞い上がる時がありますよね。整形は言わばその感覚の麻薬級のようなものでしょうか。そこからこれまでネガティブになっていた部分が好転していくのであれば、それもまた生き方のひとつかもしれません。

整形依存、やってもやっても「最高」になれないジレンマ

「あとどれくらい整形したら」「あの人の好みの顔になるにはいくらかければいいの?」

「全然まだだったわごめん次何やろ」

「自分ももっともっと整形しなきゃいけないと思ってしまう」

「1か月に1回は顔のどこかいじらないとブス過ぎて死にたくなる」

一度踏み入れた「整形」の世界、もっともっと綺麗になりたいと深入りしていく女性が多く見られました。ひとつだけ高級なバッグを持ちたいと頑張って買ったけれど、全部揃えたくなりいつのまにか散財していたという行動に似たものでしょうか。最初の整形だけで得られたものが満足のいくものでなかったなり、もっと整形したらもっと「愛される」のではないか、もっと人生がうまくいくのではないかと考えるようになっていく。あるいは、心の弱い部分が立ち直っていないうちから依存できる存在として「整形」に頼るようになっていくのかもしれません。

「整形すれば誰でも無条件に可愛くなれる」わけではない?

次のページへ >

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.