ジェルネイルは緊急時に危険「酸素濃度を測れない」産婦人科医のツイートが話題に

更新日:

2018年7月2日にTwitterにて、とある産婦人科医によるジェルネイルに関するツイートが話題になりました。


画像はイメージです。

「ネイルをしていると爪の色がわかりません。 麻酔をかけたりして呼吸状態が悪くなったとき、爪の色で血液中の酸素濃度を測ります。昔は採血するしかなかったものが簡易にリアルタイムでわかるようになりました。 酸素濃度の低下は命に直結します。妊婦でなくても危険です」

ジェルネイルは液体化した合成樹脂を爪に乗せUVライトなどを当てて固まらせることで従来のマニキュアよりも剥げにくく発色やツヤが格段に違うため、近年はマニキュアよりもジェルネイルを使ったおしゃれをする女性がよくみられています。ただし、ジェルネイルはマニキュアと違って除光液で拭き取ることができず、専用のオフ剤と処置が必要になります。そのことから、医療現場において「危ない」と認識されているようです。

「救急にはマニキュアを落とす除光液が常備されていて、昔は救急室に運び込まれたら、すぐにマニキュアを落としていました。 しかし、ネイルは簡単にはとれないので困っているようです。」

妊婦になったら…注意喚起が話題に

こちらのツイートは以前「妊婦になったら指輪を外してもらいたい」という産婦人科医のツイートに反応したもので、それを追ってみると「ジェルネイルも妊娠後期34週ぐらいになったら取って欲しい」「命に関わる」という流れを見ることができます。

「ジェルネイルはなぜダメなのでしょうか? 爪が割れやすいため、常にジェルをしているので大変気になりました。」

「妊婦になったら、指輪を外してもらいたい。妊婦はむくむものだし、もし緊急手術などでむくみがさらにひどくなったら、指の鬱血を避けるために指輪を切断する可能性あり。また、病院側が気づかずに手術中に電気メス使って指輪から放電したら、指が大火傷になって最悪だと指切断とかあるかも」

「あと、ジェルネイルも妊娠後期34週ぐらいになったら取って欲しいですね。」

医療現場ではヒートテックやタトゥーなどにも危険が

またMRIのときにも、着てはいけないファッションがあることも書かれてありました。

「手術のときはすべて取りますね。MRIをする際にヒートテックは脱いでくださいと。」

「ヒートテックダメなんですか。導電性があるんですかね。 入れ墨はMRIはダメなんでしたよね。」

「私、昨年手術するときに説明され、真冬にMRIをしたので脱ぎました。刺青は、多分お亡くなりなるかも。電子レンジに銀の反応したは火花バチバチなり、刺青も磁気あったような。」

「指で測る意図は?」専門的な話になると、関連のツイートでこんなお話も

「ジェルネイルでパルスオキシメータの透過光が妨げらると正しく測定値できないこともあり、とても危険」

「質問ですが指で測る意図を教えていただけませんか?」

「基本的には指で測定しますが場合によれば足や耳朶での測定も可能であります。」

「足の指や耳朶で測定する方法も現場ではよくあることです しかし全身麻酔の手術などで循環が不安定になりやすい場合、足の指は心臓から遠いため手より冷たくなりやすく正しく数値が出にくいと考えます」

「耳朶はサーチュレーション自体挟みにくいものであったり、耳朶が小さくて挟めない場合正確な数値が出にくいと考えます そのため指で測るのが1番正確な数値を測定できる」

妊娠のときの指輪で大変なことになった方も

「陣痛室で、緊急帝王切開になった方が指輪切られてるのを見たことがある。 妊婦さん号泣だし、旦那さんは 「切る!?指輪を!?」 と怒ってた。」

「これ、骨折した女性などでむくんで指輪が外れず、指輪を犠牲にした方をこれまで多数経験しています。」

「妊娠したら指輪をネックレスにするかな…そのほうがいい気がする。」

非常時にならないと気づかないことがたくさんあって目から鱗です!ジェルネイルは簡単には取れないので、緊急時には医療従事者の方は仕方なく、そのまま手術を行っているよう。来院して事前に予約などする場合は、必ずマニキュアやジェルネイルはオフにするよう、沢山の病院でもいわれていますね。また妊娠のときの指輪に関しても、指導されているとはいえ、結婚指輪などは思い入れが強くてなかなか外せないかもしれません。けれど体の安全が第一であることがとても良くわかります。ジェルネイルはオシャレとして一般女性の方にも浸透していて、いまや無くてはならないファッションの一環。ジェルネイルを開発している方に、医療現場でも扱いやすいネイルの開発を望みたいですね♡

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2018 All Rights Reserved.