レモンサワーの歴史と「いま」を解き明かすムック本『レモンサワーの教科書』が登場

更新日:

株式会社エイ出版社は、2020年1月29日、レモンサワーの歴史、そして「いま」を解き明かす『レモンサワーの教科書』を発売しました。

戦後間もない物資不足の時代、東京の“とある酒場”で偶然生まれた飲み物「レモンサワー」。焼酎の炭酸割りにレモンをしぼっただけの、いたってシンプルな飲み物は、いつしか大衆酒場のスタンダードとなり、長年呑んべえたちに愛されてきました。昭和・平成と時代は流れ、令和の日本。おじさんの飲み物だったレモンサワーは、若者たちも好んで飲む1杯に変わっていったのです。

同書では、そんなサワーの歴史を振り返ると共に、変わりゆくサワーの“今”を徹底的に紐解きます。
今までにない、レモンサワーの教科書。

「レモンサワーにダイバーシティを!」をと題しタイプ別(元祖・氷結・すりおろし・シャリシャリ・カクテルインスパイア)に名店を紹介。
祐天寺・もつ焼きばん / 小岩・素揚げや / 桜木町・ふくふく / 北千住・是屋 / 五反田・食堂とだか
恵比寿・タイ屋台ラオラオ / 東十条・埼玉屋 / 自由が丘・usubane / 不動前・U.TOKYO

今まであまり知られることがなかった、サワー史においてエポックメイキングとなった店舗や、出来事を物語コラム4回分にまとめました。
「そのとき、サワーの歴史は動いた」
Vol.1 レモンサワー発祥の地を訪ね、祐天寺。~もつ焼きばん~
Vol.2 新宿ゴールデン街に佇む、レモンサワーの名店。~the OPEN BOOK~
Vol.3 関西サワーのプロトタイプ「純ハイ」は、タカラcanチューハイの原型。~ヨネヤ梅田本店~
Vol.4 令和になっても愛される、バイスサワーの秘密は大田区の町工場に。~コダマ飲料~

そして趣向を凝らしたクラフトサワーの、東京・大阪・京都の名店7店舗を取材。フルーツ・梅干し・野菜サワーなど、最先端のクラフトサワーの制作秘話も知ることができます。

「レモンサワー解体新書」の章では、
『マツコの知らないレモンサワーの世界』に出演し話題となったレモンザムライが、レモンサワーを構成する3要素(レモン・お酒・炭酸水)をそれぞれ徹底解説。知っているだけでおうちレモンサワーは格段においしくなります。

今回、店舗案内はもちろんのこと、うち飲みのシチュエーションを想定したレモンサワーレシピ・おつまみレシピや、缶チューハイ飲み比べも収録。

また、純喫茶コレクション・難波里奈さん、小説家・島田雅彦さんなど
サワーを愛するみなさんの書き下ろしエッセイも収録。様々な角度からサワーについて学び、楽しめる一冊です。

概要

【ムック仕様】
●仕様/B5(4色112p)
●本体価格/1,000円+税
●発売日/2020年1月29日

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.