関ジャニ∞「アドリブおとぎ話」あのコーナーのオマージュみたい!?ファン『復活したみたいで嬉し』

更新日:

5月22日、ジャニーズ事務所公式YouTubeチャンネルにて関ジャニ∞の動画「アドリブおとぎ話」が配信され、その内容が面白すぎると話題になっています。

■関ジャニ∞「アドリブおとぎ話」あのコーナーのオマージュみたい!?

ジャニーズグループが社会貢献・支援活動の一環として行っている「Johnny's Smile Up ! Project」。YouTubeの専用チャンネル「Johnny's official」では、「僕たちなりのおとぎ話の楽しみ方を提案できれば」と関ジャニ∞がアドリブでおとぎ話に挑戦。

"桃太郎の末裔たちがリモート飲み会で大揉め! 最後は全員大号泣"というお題に沿って「桃太郎」に出てくるキャラクターになりきり物語を展開。配役は、横山裕さんが桃太郎、村上信五さんは猿、丸山隆平さんは鬼、安田章大さんはおばあちゃん、大倉忠義さんは金太郎で、それぞれの末裔を演じます。

この配役などが「関ジャニ∞クロニクル」(フジテレビ系)の番組で行われていたコーナー「なんとか成立させろ記者会見」のオマージュのようだと話題になりました。このコーナーでも、それぞれ役が割り振りされ、なんとかメンバーが協力して物語を展開させていくというものでした。

ネットでは「もしや何とか成立させろ記者会見的なやつ?」「この設定記憶にあるクロニクルでやった事あるね!」「桃太郎、クロニクルみたいだったなぁ。あのコーナー好きなので、復活したみたいで嬉し」などの声が上がり盛り上がりを見せました。

■村上「ドラマや映画は大丈夫か」カオスな寸劇にメンバーを心配?

今回の動画では、横山さん扮する桃太郎の末裔が「プレッシャーを感じててさ今…」と話し始め、偉大な先祖への愚痴からスタート。

猿の末裔(村上さん)が「うちの先祖、ただ付いて行っただけ」と猿は末裔までいじられることに不満を漏らすと、鬼の末裔(丸山さん)が「こうやって鬼が生き残っているのは、猿さんのおかげなんですよ」と、猿の先祖の功績を讃えはじめます。

すると、おばあちゃんの末裔(安田さん)は、桃太郎が鬼を殺めないように、猿が食べたきび団子の中に仕掛けをしたとカミングアウト。

途中「ごめん、ヤバい、ビデオが撮られへん」と、大倉さんのiPhoneが不調に見舞われ一時中断するハプニングが発生。

このトラブルにしびれを切らした村上さんは「桃太郎」の物語なのに、なぜか登場している金太郎の末裔に「何で金さん呼びましたん!?」と訴え、横山さんは「金太郎さんってなにされましたっけ」と問いかけます。

大倉さんは、金太郎の末裔なのに先祖の知識が浅く一言小さな声で「はげた」と答え、それぞれが目薬を差しながら大号泣する結末に。

このカオスな寸劇に村上さんは「俺はええけど、みんな今後のドラマや映画は大丈夫か?」と他のメンバーを心配します。

ネットでは「斬新やわ~」「コーヒー吹いた」「運とアドリブ力と適応力に秀ですぎている」「やはり裏切らない。アドリブさせるとピカイチ」「続編をお願いします!!」と関ジャニ∞のアドリブ力に絶賛の声が続々と上がりました。

■メンバーの部屋にも注目が…!?

今回も自宅で撮影ということで、メンバーそれぞれの部屋の様子が映し出されました。ここで、多くの人が気になったのは、メンバーの後ろに映った関ジャニ∞のグッズである可愛いぬいぐるみや毛布だったようです。

飾り方も個性豊かで、横山さんは自分のぬいぐるみ(愛称:ぬい)だけを壁に飾り、丸山さんは、手のひらサイズの"ちびぬい"のTaddyの隣にくまのぬいぐるみを並べていて、メンバーへの愛が溢れていました。

ジャニーズ公式オンラインストアでは、ライブグッズの販売が始まり、メンバーのキャラクターが描かれた"ぬいの毛布"はもちろん、ご当地でしか手にすることのできなかったアクリルスタンドも全国6バージョン購入可能となっています。

これには、ネット上で「ブランケットじゃなく毛布のサイズ感3150」「ご当地アクスタ全種類はありがたい」「ぬいの毛布にアクスタコンプ。破産する~」とファンから歓喜の声が上がりました。

テレビやライブ、様々な場所で即興劇を創りあげてきた彼らだからこそ出せるプロの面白さ。それが今回の動画でも発揮されたのではないでしょうか。関ジャニ∞のエンターテインメントはこの先もとどまることはありません。

(文:アイドル担当ライター 桜井なお)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.