ジャニーズWEST小瀧望、トイレでまさかのミス!?焦り顔で出てきた"ハプニング"とは…?

更新日:

毎週木曜日放送の「ジャニーズWEST 桐山照史・中間淳太 レコメン!」(文化放送)。2月27日の放送では、舞台「泣くロミオと怒るジュリエット」を観たジャニーズWEST・小瀧望さんのとある行動が話題になりました。

■ジャニーズWEST桐山照史、舞台中止は「苦渋の選択」

番組冒頭、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でジャニーズWEST桐山照史さんの主演舞台「泣くロミオと怒るジュリエット」の東京公演が中止になったことについて、来場予定だった観客へ謝罪。

桐山さんは丁寧に言葉を選びながら「お客様にもね、1人でも感染の人が出てしまうとどうしても、気持ちのいい舞台ができなくなるし、役者も感染ってしまうとせっかくいいものがよくないってなるのもよくないので」とファン・共演者両方へ語りかけました。また、中間さんはこれに対し「今はしょうがないですよね」とコメント。

■小瀧望、トイレでまさかのミス!?焦り顔で出てきた"ハプニング"とは…?

舞台はすでに始まっていたこともあり、ジャニーズWESTメンバーの中には舞台を観ることができた人もいたそうで、中でも同メンバーの小瀧望さんに起きたハプニングについての話題で盛り上がりました。

桐山さんは「あいつ(小瀧望)のルールで、ジャケットの襟付で舞台に臨む」と舞台を観劇する際の服装について、小瀧さんの様子を話しました。小瀧さんの姿を見た舞台共演者は、「かっこいい」とお褒めの言葉をくれたようで、メンバーが褒められたことで桐山さんも嬉しくなったそうです。

そんな中「ごめんちょっとトイレ借りるわ」と入っていった小瀧さん。その場にいた方達がザワつき始め不思議に思っていた桐山さんへ周りの方から「小瀧さん、トイレに」と言われ「アイドルでもトイレぐらい(するよ)」と返答。

しかしザワつきには理由があったようで、共演者の方から「照史くん、女便っすわ…」と、小瀧さんが入ったトイレは女子トイレだったことを告げられたそう。その後、トイレの入り口で待っていると"焦り顔"で出てきたそう。その顔が面白かったようで、メンバー内のグループメールにその時の動画を送ったというエピソードを暴露しました。

ネット上では「のんちゃんやらかしちゃったね!」「その顔想像できるからバリおもろい!」など多くの反響がありました。

■観光英語検定に挑戦することが決まった中間の心境は?

ほかにも番組では、木曜レギュラーを務めている情報番組「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で観光英語検定1級を取得すると決まった時のことについて語られました。

「ヒルナンデス!」の放送前、カメラを持ったスタッフが中間さんのところに来て、中間さんは、合格率7%の超難関、観光英語検定1級を"受けるか、受けないか"の選択を迫られたそう。そこで、中間さんは「断れへんやろ、カメラ回ってんねんから」と取得を決意。

公認会計士の資格よりも難しいとされていて、問題を見た感想は「めちゃむずい!マジで無理」と感じたそう。英語だけでなく、観光名所の情報も覚えなくてはならないので、普段の英会話とは違う難しさがあると語りました。

まずは6月にある2級の検定を受けるため、ひたすら英単語を覚える日々。地理も詳細に頭に叩き込まなければならないため、苦戦している様子。

これにはファンから、ネットで「安易に頑張れと言っていいのかわからないけど応援してます」「合格できるよう願ってます」「仕事の合間で大変だけど頑張って」など中間さんへの応援の声が多く上がりました。

桐山さんと中間さんが繰り広げる軽快なトーク。今回は、小瀧さんに起きたハプニングが暴露され、なかなか聞けないプレイベートな話に心踊った人も多いのではないでしょうか。中間さんは、試験勉強が大変な日々が続きそうですが、いつか観光英語検定1級に合格する話を聞ける日が楽しみですね。

【番組情報】
http://radiko.jp/#!/ts/QRR/20200228000000
(アイドル担当ライター:成田エイリ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.