福山雅治、柴咲コウに直接言いにくかった思い伝える「僕は、コウさんに対して…」

投稿日:2022/12/07 17:21 更新日:

12月7日放送の「ポップUP!」(フジテレビ系)では、福山雅治さんと柴咲コウさんがVTR出演。福山さんと柴咲さんはお互いの印象を明かし話題を集めました。

福山雅治

(画像:AFP=時事)

■福山雅治『沈黙のパレード』大ヒットに感謝

福山さんと柴咲さんは音楽ユニットKOH⁺として、7日放送の「2022 FNS歌謡祭 第1夜」に出演予定。

「ヒトツボシ」と「最愛」をメドレーで披露します。

スタッフが「『沈黙のパレード』大ヒットおめでとうございます」と伝えると、福山さんは拍手をしながら「ありがとうございます。2007年から始まったドラマですけど、当然2007年に始めた頃は2022年までやろうねって約束はありませんでしたから、まさかこういう風に長く続くとは思ってなかったんですけど」と、喜びを語ります。

続けて、福山さんは「ファンの皆様に愛していただいて、かつその作品がキャストの皆さんもそうですし、スタッフの皆さんからも愛されたのがこういう結果に繋がっているかなという風に思っています」と、ファンやスタッフへの感謝の言葉を口にしました。

■福山雅治「尊敬があるわけですよ僕は、コウさんに対して」

KOH⁺はこれまで「ガリレオ」シリーズの主題歌となった「KISSして」「最愛」「恋の魔力」「ヒトツボシ」を担当。

9年ぶりのタッグとなる今回お互いの印象について尋ねると、福山さんは「言葉を交わさずとも音楽で繋がってる繋がりの安心感みたいなのは音楽一緒にやってる時に特に強く感じますね」とコメント。

続けて、福山さんが「こういう場所じゃないとなかなか言いにくいんですけど、尊敬があるわけですよ僕は、コウさんに対して…。女優さんとしてもそうだし、シンガーとしてもそうなんですけど、ハートで動くっていう事を貫き通すってキツいですから、僕はそれは尊敬してますよ」と伝えます。

柴咲さんは「嬉しいです!尊敬されちゃっていいんでしょうか?」と答え、嬉しそうに笑顔を浮かべました。

一方で、柴咲さんは「私の方が安心感なんです。包容力が素晴らしい方なので…。本当に止まる事なく妥協せずにずっと生きていらっしゃる人なんですけど、柔和さもあって自分にとっても厳しいと思うんです。でもやっぱり共演者とか私にもすごく優しくて、その柔和さは私は勉強しなきゃいけないなと思ってます」と福山さんの印象を明かします。

■福山雅治、柴咲コウは「創作欲求の刺激をくれる存在」

ちなみに、福山さんはギリギリまで試行錯誤を繰り返して決めるタイプなのだそうで、スタッフが「今回の楽曲の『ヒトツボシ』とかもギリギリまで待った?」と尋ねます。

福山さんは「それはなくて柴咲さんを設定して歌を書くのは僕は割と早くて。僕が見たい柴咲さんっていうのが明確にあるからなんですよね。創作欲求の刺激をくれる存在なので難産だった事はないですね」と明言しました。

今回の放送にはネット上で「安心感と包容力があるましゃ最高じゃないですか」「ましゃとコウちゃん、真っ赤な衣装がクリスマスっぽくていいねお似合い」「僕が見たい柴咲さんが明確にある…やばい」などのコメントが上がっています。

インタビュー中の言葉の節々からも福山さんと柴咲さんがお互いを信頼し合っているのが伝わり、ファンは大満足だったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.