異例のテロップ「恩師 吉田拓郎 楽曲提供」にKinKi Kidsファン「愛」「泣ける」CDTV2時間SPに感動の声!

投稿日:2022/11/29 12:42 更新日:

11月28日に放送された「CDTVライブ!ライブ!」(TBS系)2時間スペシャルには、今年CDデビュー25周年を迎えたKinKi Kidsが登場。番組テロップに感動する人が続出し、反響を呼びました。

吉田拓郎

(画像:時事)

■KinKi Kidsの「恩師」たった一言に愛が詰まっていて泣ける……!

今回の番組で、KinKi Kidsは「25周年!KinKi Kidsフェス」と題し『硝子の少年』『愛されるより 愛したい』『全部だきしめて』『ボクの背中には羽根がある』『Anniversary』『愛のかたまり』『銀色 暗号』『Amazing Love』の計8曲を披露。

デビュー曲やKinKi Kidsのターニングポイントになった曲など、ファンにとっても思い出深いナンバーばかりとなりましたが、その中でも『全部だきしめて』の披露中には感動するファンが続出。

『全部だきしめて』は、今年芸能界から引退することを発表している吉田拓郎さんから提供してもらった曲。もともと拓郎さんが1997年にリリースしたアルバム『みんな大好き』に収録されていた楽曲で、KinKi Kidsはその楽曲を提供してもらい翌年リリースしたところ、ミリオンセラーを達成しました。

そして、今回『全部だきしめて』披露中の右端のテロップには「恩師:吉田拓郎 楽曲提供」との表示が。まさにファンに刺さる一言が添えられました。

■異例のテロップ「恩師 吉田拓郎 楽曲提供」にKinKi Kidsファン「愛」「泣ける」CDTV2時間SPに感動の声!

KinKi Kidsと拓郎さんといえば、1996年から放送されていた「LOVE LOVE あいしてる」(フジテレビ系)の共演を思い出す人も少なくないのではないでしょうか。この番組での出会いがきっかけで、二人は拓郎さんからギターを教えてもらい、KinKi Kidsは歌うだけではなく“音楽を作る”側にも足を踏み入れました。

そのため、今回の“恩師”の言葉は3人の関係性を表すにはぴったりの表現。また、二人がこの曲でギターを弾く姿は、何度見てもたまらないツーショットとなっているため、ファンはグッときたようです。

ネット上では「吉田拓郎へのリスペクトを忘れない全部だきしめて」「ギター抱えて『全部だきしめて』恩師吉田拓郎って書いてくれてるの、愛…」「恩師というテロップだけで泣ける」など、感動したという声が続出。

10代から拓郎さんと共演しているKinKi Kids。今年拓郎さんがリリースしたラストアルバム『ah-面白かった』で『ひとりgo to』という楽曲を提供をした剛さんは過去の番組で「拓郎さんからオファーをいただいた時も夢かな?」と感じるほどそのオファーが嬉しかったことを明かしていました。

一方で、KinKi Kidsは番組のロケで拓郎さんと共にハワイに行ったことがあり、光一さんは「(拓郎さんから)ハワイの楽しさを教わった」と語ったことも。

音楽面だけでなく、プライベートなところでも仲が深い3人だからこそ、拓郎さんへの愛を感じる言葉を見ると思わず目頭が熱くなるファンが多いようです。

『全部だきしめて』を聴きながら、吉田さんとの思い出が一気に蘇ってきたという人もいたのではないでしょうか。

(文:霧島みつき/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.