嵐・二宮が「策士すぎて怖い」天才肌を見せつけたギリギリ勝負が話題【VS嵐】

更新日:

7月26日に放送された「VS嵐 夏休み3時間SP」で嵐の二宮さんがゲームコーナー「ありがとうグランプリ」で策士っぷりを発揮し話題となりました。番組後半のコーナーで嵐メンバー同士が対決するもので、一人一人が対象者から「ありがとう」という言葉を何回引き出せるかを競うもの。二宮さんは南海キャンディーズの山里さんを選び、山里さんに何回「ありがとう」を言わせることが出来るかが勝負となっていました。山里さんを選んだ理由は「自分のフィールドに巻き込める」から。他のメンバーは女優さんや同じジャニーズの先輩など様々で、出演作品を褒めたり、経歴を聞き出しながら随所で褒めて「ありがとう」を言わせたり、自然な会話の中で気遣いを見せることで引き出したりしていましたが、二宮さんだけがルール違反ギリギリの際どい作戦で挑みました。VTRが始まる前には二宮さん自身が「好感度とか全部捨てて、このゲーム集中したんで、結構自信持ってる」と宣言。

二宮さんのとんでもない作戦とは

二宮さんが好感度を捨てて挑んだ策とは一体どんなものだったのかというと…。いよいよ挑戦スタート、山里さんの楽屋に入るやいなや「心理テストやってもらっていいですか。俺が感情を言っていくんで、それに見合った感情を言葉で返してもらいんです。俺が感情を言っていくんで、それに見合った感情を言葉で返してもらいんです。」と唐突にけしかける二宮さん。山里さんはとまどいながらも応じます。この時点でVTRを見ている会場からは「えー」と驚きの声が。「例えば怒りだったら、コノヤローとか。悲しみだったら、えーんとか。そんな感じで」と具体的に説明。山里さんは「あー」とルールを把握した様子で応じます。二宮さんがこの心理テストを始めると「感謝」と投げかけるたびに山里さんは「ありがとうございます」「ありがとう」を返すことに。つまり、二宮さんは山里さんに「ありがとう」を言わせるために嘘の心理テストを作り、思い通りに「ありがとう」を言わせることに成功したのです。策士すぎて怖い!結果、12回も言わせることに成功し1位を獲得。思った通りの結果が得られ、自信に満ち溢れた表情で颯爽と楽屋を去る二宮さん。その背中を「ちょっと…何?ニノちゃん」と呆然としながら見送ることしか出来ない山里さんでした。

ネットでは「策士っぷり半端ない」と絶賛

山里さんの楽屋を後にした二宮さんは進行役に「ズルくないですか?」と問われると「そんなNGもらってないもん。ありがとうって言わせりゃいいんでしょ?」と開き直り、「俺、多分これ1位だよ!」と宣言していました。ネットでは「策士っぷり半端ない」「頭の回転に惚れる」「あっぱれだけど策士すぎて怖いわ」「相変わらずの策士」「頭良すぎ」「やっぱ天才肌」などの声があがっていました。普段からゲーマーであることを自称する二宮さんに「発送がゲーマー」「さすがゲーマーは違う」「真のゲーマーだからこそできる技」などの声もあがっていました。

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2018 All Rights Reserved.