“ピカチュウ”の巨大人文字☆ポケモン1000回放送記念「ニャース気球」が佐賀襲来!

更新日:

佐賀県は、情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環として、TVアニメ『ポケットモンスター』シリーズがこの秋放送1000回を迎えたことを記念し、「ニャース気球佐賀襲来!~気球の街でサガせ!ロケット団員1000万人!!~」を11月26日(日)まで実施しました。

 

 

最終日である11月26日(日)には、佐賀県でのロケット団員誘致活動の最終プロジェクトとして、ロケット団入団希望者を集め、ロケット団が長年追い続けているピカチュウの巨大人文字づくりに挑戦するイベントを佐賀県の吉野ケ里歴史公園にて開催しました。

TVアニメの放送が1000回を迎えたということで、当日は子どもから大人まで、1000人が集結。力を合わせてピカチュウのイラストの人文字が完成し、10月25日(水)から始まったイベントが盛大にフィナーレを迎えました。

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon

 

 

イベント当日、吉野ケ里歴史公園には、早朝にもかかわらず、子どもから大人まで1000人ものロケット団入団希望者が集まりました。

参加者は会場で配られた黄色・黒・赤・白・茶色のTシャツを着て、全員で巨大ピカチュウの人文字づくりに挑戦しました。

 

会場には、11月初旬に開催された佐賀インターナショナルバルーンフェスタで九州初上陸した、ニャース気球が登場。ニャースも登場し、参加者にエールを送るなど、会場を盛り上げました。

 

 

参加した小学生は「朝早くて大変だったけど楽しかった!!人文字が完成した写真が早く見たい!」と語りました。

人文字づくり終了後は、参加者の中から抽選で当選した方々を対象に、ニャースとの記念撮影会とニャース気球搭乗体験を実施しました。

 

イベント概要

 

*「サガ・ライトファンタジーロケット団フォトスポット」
*開催期間:2018年1月8日(月・祝)まで
*設置場所:佐賀市白山 エスプラッツ南側 ※行事の都合により場所を変更する場合あり
*点灯時間:17:00~22:00 ※イベント開催日は変更あり

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.