「埼玉郷土かるた」と「彩の国21世紀郷土かるた」が意外な場面で知名度をあげる!?オードリー春日と日向坂46が対決

投稿日:2022/09/19 14:58 更新日:

9月18日放送の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)では、日向坂46の8thシングル「月と星が踊るMidnight」のフォーメーションを発表。センターを務める日向坂46・齊藤京子さんが意気込みを語り話題を集めました。

春日俊彰

(画像:時事)

■「埼玉郷土かるた」と「彩の国21世紀郷土かるた」が意外な場面で知名度をあげる!?オードリー春日と日向坂46が対決

この番組で、オードリー・春日俊彰さんのライバルとして君臨していた渡邉美穂さん。渡邉さんが卒業したため、今回は2代目ライバルを発掘する企画が実施されました。

日向坂46のメンバーは自身が得意とする競技で春日さんと対決。対決の結果や白熱ぶりを受け春日さんのライバルになり得るかを判定します。

日向坂46の金村美玖さんは同じ埼玉出身の春日さんに「埼玉かるた」で勝負。「埼玉かるた」対決には潮紗理菜さんと影山優佳さんも参加します。

博学で知られる影山さんは「『埼玉かるた』の雑学なんですけども『埼玉かるた』っていうのは『埼玉郷土かるた』っていうのと『彩の国21世紀郷土かるた』っていうのがあるんで、どちらなのか楽しみだなと思います」と雑学を披露しました。

■金村美玖、オードリー春日のライバルには実力不足?

そして、今回使用されたのは「彩の国21世紀郷土かるた」。2枚先取のこの対決では全員リーチという状態で最終読み札を迎えます。ここで、見事な瞬発力を見せた影山さんが札をゲットし勝利。

続いて「2代目ライバル判定タイム」になると、春日さんは「お寿司(金村さん)は春日のライバルには実力不足です」と判定を下します。

また、若林正恭さんが「それは何故春日さん?」と尋ねると、春日さんは「影山くんが勝ってる。入口はお寿司だけど出口は影山くん」と語りました。

■新センター・齊藤京子が意気込み語る

番組の後半では10月26日にリリースされる8thシングル「月と星が踊るMidnight」のフォーメーションを発表。

この楽曲でセンターを務めるのは、齊藤さん。前身のけやき坂46(ひらがなけやき)時代の「それでも歩いてる」でセンターを務めて以来の事で、日向坂46に改名してからは初めてのセンターとなります。

齊藤さんは「最初にセンターをやらして頂いたのがけやき坂46の時…。またいつかそこの場所に立つ事ができたら良いなとは思ってんですけど、センターに選んで頂いたのも本当にファンの皆さんのおかげだと思っているので」とファンへの感謝の言葉を口にします。

続けて、齊藤さんは「センターに立つ中でできる事は8枚目シングルを良い作品にする事と思うのでみんなで力を合わせて良い作品を作れたらなっていう風に思います」と新センターとしての意気込みを語りました。

今回の放送について、ネット上では「今週も面白かった!改めて、きょんこセンターおめでとう」「改めてきょんこセンターおめでとうたくさんの人に愛される作品になりますように」「埼玉かるた?!雑学をぶっこむ頭脳派w」などのコメントが上がっています。

力強い言葉で新センターとしての意気込みを語った齊藤さん。ファンもその姿を見守りつつ、応援したい気持ちがより一層強くなったようです。

また、「埼玉かるた」の雑学を披露する影山さんは流石でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.