乃木坂46キャプテン秋元真夏、山下美月への本音を語る「辞められたら困る」

投稿日:2021/11/29 13:47 更新日:

11月28日に放送された「おしゃれクリップ」(日本テレビ系)に、乃木坂46の三期生・山下美月さんがゲスト出演。キャプテンの秋元真夏さんがVTRで登場し、山下さんの素顔について語りました。

秋元真夏

(画像:時事)

■山下美月は「孤高の人」

乃木坂46の26枚目シングル「僕は僕を好きになる」で、初めて表題曲センターを務めた山下さん。そんな山下さんのことをよく知る乃木坂46キャプテン・秋元真夏さんが、彼女の素顔について語りました。

秋元さんによると、山下さんはとにかく周囲に「隙を見せない」のだとか。「あんなに隙がない子、今まで乃木坂にいなかった」と語る秋元さん。メンバー同士、時には甘えたり頼ったりすることもあると言いますが、山下さんだけは全くそのようなことがないそうです。

そんな山下さんのことを、秋元さんは「孤高の人」と表現。真面目な彼女を心配してしまうこともあるそうで「たまにちょっと心配になって、詰め込みすぎてて。声をかけると『大丈夫ですよ』って言うんですけど、その『大丈夫』が大丈夫じゃない顔してる」と語る秋元さんでした。

■キャプテン秋元真夏の本音を語る「美月に辞められたら困る」

秋元さんは、一期生や二期生の卒業メンバーが増えてきた際、冗談のように「美月、辞めないでよ」とよく声をかけていたのだとか。

それについて「私は正直、それは冗談ではなくて…」と明かした秋元さん。「美月が齋藤飛鳥と一緒に、Wセンターみたいな感じで引っ張っていくことがすごく増えたんです、最近。そこで美月に辞められたら困るって思って…本音でそれはすごい言ってました」と、山下さんへの思いを熱く語ります。

さらに、ストイックすぎる山下さんを気にかけて、秋元さんは「一回もう、仕事のこと忘れた方がいいと思うんですよ」とコメント。

「仕事が終わっても『今日のあの演技どうだったんだろう』とか『あの歌番組の表情どうだったんだろう』みたいな、絶対考えるタイプだと思うので。全部を忘れて、休みを取って森とかに行ってほしいです」とアドバイスする秋元さんでした。

■自分だけ休むことが許せず「グループ休むくらいだったら、引退します」

何事にも一生懸命な山下さんは、2年前、仕事を頑張りすぎて身体を壊してしまった経験が。

「休もう」という話になったとき、山下さんは「(グループの)みんなが頑張ってるのに、一人だけグループの活動をお休みする」ということがどうしても許せず「グループ休むくらいだったら、引退します」とスタッフに相談していたそうです。

周囲の説得でなんとか引退することを踏みとどまった山下さんは、2019年4月からしばらく活動を休業することに。

彼女の休業中、乃木坂46は23枚目シングル「Sing Out!」をリリースしました。歌詞に「お互いに支え合って 前向いていこう」や「一人ぼっちじゃないんだよ」という言葉が含まれているこの楽曲。

秋元さんは「これをいつか美月も一緒に入って、この曲のこの歌詞を歌えたらいいなって言う風に…そのことを考えながら歌ったりしてました」と、当時を振り返ります。

さらに、休業を乗り越えて復帰した山下さんについて、秋元さんは「もうちょっとストイックさ消えると思ったんですよ。なんか『増してない?』ってくらい、より追い込むタイプになってて…」と笑います。

「そこも含めて美月のいいところなんだろうな、って最近思うようになりました」と、彼女を温かく見守る秋元さんでした。

■山下美月のことを思って歌った「Sing Out!」…ファンも感動

放送後、ネット上では「そうかSing Out歌うときに美月の事を思ってた時期があったんだ…」「真夏さんの観察力凄いし、、sing outのくだりはうるっと来ました」「美月ちゃん、ほんと辞めないでくれてありがとう」「真夏キャプテンはほんとメンバーに寄り添ってくれる人だなぁ」「真夏さんが描く乃木坂の未来は飛鳥ちゃんと美月のWセンターかぁ見てみたいじゃん」など、視聴者からのコメントが続出しました。

真面目で頑張り屋な山下さんの素顔が明らかになった今回の放送。グループを引っ張る存在として山下さんのことを信頼し、時に心配しつつ見守る秋元さんの優しさに、心が温かくなったファンも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
おしゃれクリップ
https://tver.jp/corner/f0090226

(文:みなみぱん/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.