さだまさし、生放送中に着信が…予想外の人物に視聴者から驚きの声続出!?

投稿日:2021/11/28 15:57 更新日:

11月27日放送の「今夜も生でさだまさし」(NHK総合)では、生放送中にさだまさしさんの携帯電話に着信が入る場面がありました。その人物が予想外で視聴者にとっても嬉しいサプライズとなったようです。

さだまさし

(画像:時事通信フォト)

■上白石萌音、さだまさしのラジオに救われていた?

今回は「カムカム岡山エヴリナイト!」と題し、放送中のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の物語の舞台となったNHK 岡山放送局・ひかりの広場から生放送が行われました。

さだまさしさんは「カムカムエヴリバディ」にラジオ英語講座の人気講師・平川唯一役で出演しています。

劇中で上白石萌音さん演じる主人公・雉真安子がラジオから流れる英語講座を聞くシーンが度々登場する事について、さださんは「白石萌音さんが実際のロケの時にラジオを聴くシーンは本当に『自分も楽しくて救われたんですよ』って言ってくださったんですよ。何かね、ちょっとほっとしましたね」と語りました。

■さだまさし、生放送中に着信が…予想外の人物に視聴者から驚きの声続出!?

「カムカムエヴリバディ」の話で盛り上がるかと思いきや、生放送中にさださんの携帯電話に着信が入ります。

「ちょっと待ってください」と断りを入れてから、生放送中にも関わらずその電話に出るさださん。

実は電話をかけてきた相手は、この日、オリックス・バファローズを延長12回の死闘の末、2─1で下し、通算4勝2敗で20年ぶり6度目の日本一を飾った東京ヤクルトスワローズの石川雅規投手だったのです。

ちなみに、さださんは「スワローズCREW名誉会員」に選ばれるほどのヤクルトファン。そんなさださんが「日本一、おめでとう!」と祝福すると、石川投手は「さださんありがとうございます!」と返答。

続けて、さださんは「僕見てました、4戦目素晴らしかったですね!」と、日本シリーズ4戦目に好投し、勝ち投手になった石川投手を絶賛します。

石川投手は移動中のバスから電話をしていたということで「みんなおめでとう!」と声をかけると、「おお〜!」というヤクルト投手陣の雄叫びが車内に響き渡りました。

さらに、さださんは「本当に感動しました。こんな素晴らしい日本シリーズ本当に久しぶりに見ました。おめでとうございます。みんなによろしく言ってください」と激闘を終えたヤクルトの選手を讃えます。

■石川雅規の登場に反響

このタイミングで、さださんは「『万が一、優勝が決まって。万が一、時間があったら、僕、生放送やってますからね』ってメール打ったらば、さっき『電話します』っていうメールが来て。僕、ゴソゴソしてたでしょここで。その時にメールしますっていうから5分後にしてって送ったんだけど、10分後にしておけば良かったですね」と経緯を説明します。

続けて、さださんは「すみません、お話の途中で」と生放送中に電話に出てしまった事を謝罪しました。

今回の放送について、ネット上では「さっきのさだまさしの番組おもろかった石川投手と電話してた場面が狂喜乱舞の投手陣」「石川さんがさだまさしに電話しててびっくりした」「さだまさし見てたら石川投手から電話!びっくりした!素敵な人だなー!」などのコメントが上がっています。

日本一になった直後の石川投手からの電話だったため、視聴者も驚いたようです。

ヤクルトファンには嬉しいサプライズとなったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.